2010年11月25日

これは笑い話です

これは笑っちゃいましたね。

今月の講習会の反省会の酒席で、
コ〜ン先生に「七ヵ宿の白炭」を教えていただいたわけです。

一酸化炭素もでないし、なんか、空気がきれいになりそうで、
うちのお店でも、炭をたいてみようかな〜とおもったわけです。

それで、さっそく、パソコンで検索をかけたわけです。
「七カ宿の白すみ」で。

うん?文字のちがいに、よ〜く、注目してくださいね。

「七カ宿の白すみ」で検索をかけて
ページを3ページもいっても全然、すみ屋さんの表示はでてこないわけです。
「なぜなんだろう?変だな〜」とじっと、考え込むわたくし。

何度、検索をかけても、グーグルからヤフーにかえてみても
結果はなにもかわりません。
一日考え込んでしまいました。

「白すみ」の導入を諦めようかとも、思いましたが、
面倒をおかけして申し訳ないなと思いながら、
とうとうコ〜ン先生にメールを送りました。

「白すみ」屋さんを紹介してほしと。

ご返事が届きました。

「七カ宿の白すみ」では検索は出ません
「七ヶ宿の白炭」で検索してみてください。トップで出るはずです。

このふたつ、パソコンの検索ではまったく別物なわけです。あれ〜!

同じ文字は「七」「宿」「白」のたったの3文字です。
これでは確かに検索にひっかかるわけはありませんよね〜。

いや〜、なんて、パソコンっていじわるなんでしょう。
電話だったら、「白すみ」と言おうが、「はくたん」といおうが、
意味は通じるはずですからね!

なんとも、笑い話です。
明日にでも注文しようと思います。
posted by わくわくやじうま隊 at 21:37| 宮城 ☁| Comment(2) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

ついてる、ついてる、ついている!


たまには、どうしたわけか、まじめなブログを書いてしまいました。
そんな、一面もあるんです。そう、哲学科卒業ですから。ハハハ、、、。

ご一読ください。軽〜い感じでね!

「ついてる、ついてる、ついている!」

そんな、言葉をつぶやくようにしています。

まあ、マルカンさんの本の影響ですけどね。

マルカンさんを教えていただいたのは、もちろん師匠の皆さんです。
私はあまり、自己啓発書は読まない人だったわけです。なぜかと申しますと、自分を神様だとおもっていたからです、ハハハ、、、。カミサマにそんな本は必要がないわけですから。

でもね〜、しょせん、自分で自分を神様だと思い込んでいるだけですから、
実はまったくの「ムノウ」なわけですね。無能の神様なわけです。

無能だな〜と、つくずく実感してしまうと、いろいろ、グダグダ考えはじめるわけです。神様にもかかわらず、、、。

そんな時にですね、
グダグダ考えるよりも、そんなくだらない雑念を追い払うためにも、念仏のように、「ついてる、ついてる、ついている!」とつぶやくことにしたんです。

私は基本的に、「屁理屈」で生きていますから、理屈の通らないことは嫌いなわけです。ですから、自己暗示ですとか、深層心理とか、多少、宗教色がでてきますと、なんとなく、苦手意識といいますか、引いてしてしまうわけですね。リベラリスト、自由主義者ですから。

デカルトです。「われ思う、ゆえに、われあり」、です。パスカルです。「人間は考える葦にすぎない。けれども、それは、考える」。そうです。考えることです。そこに、自分の尊厳を見出そうと思います。それに加えるなら、やはり、感性でしょうね。フィーリング、なんとなくの感性も信じてます。

でもね、やはり、この人生をオバカに「極楽」に生き抜くためには、自分を自分で洗脳して、「ああ、大丈夫、大丈夫、どうにかなるよ、ハハハ」なんて、お気楽なスタンスも欠かせなくなるわけです。私のような、自営業者は。そう、自衛です。自分を守らなくてはいけませんから。

そんな、時に、この「ついてる、ついてる、ついている」。そんな言葉は良いかもしれないと思ったわけです。最近、ズ〜とつぶやいています。朝起きて、音楽をききながら、朝風呂にはいりながら、ご飯をたべながら、お客さんからの予約がはいるたびに、お客さんが来ていただくたびに、治療が上手くいくたびに。

「ついてる、ついてる、ついている」。そうだ、私の人生はついている!と信じてみるわけです。
そうです、私の人生は「ついている」。もちろんです。だって、私は、「カミサマ」なのですから、ハハハハハ、、、、!

さあ、あしたも、また、「ついてる」ぞ〜〜〜〜!


posted by わくわくやじうま隊 at 21:58| 宮城 ☁| Comment(1) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

こんな、おバカはどうですか?

なかなか、投稿がふえませんね。

それでは、こんなのはどうですか?

きょう、うれしい電話があったんです。

同級生のTクンからです。こんな電話です。

「いまちょっと、電話してもいいかな。
あのさ、結婚する気ない?」。

だってさ!

これには、伏線があるわけです。
先週、中学校の同級会がありました。これまで何度か同級会は開かれていたのですが、私は今回が初めての出席です。

その同級会で、もうブッ飛びの、ハチャメチャをかましてきたわけです。二次会では同級生が歌うカラオケをバックに大チーク大会と大ハグ大会を演出して、大いに盛り上がりました。

そのハチャメチャな姿をみて、同級生のだれかが、Tクンにささやいたにちがいありません。「アイツはまだひとりもんだから、まあ、仕方がないさ。大目にみてやろう」と。

そんな、誰とも知れないツブヤキを真にうけた、Tクンが「いい人がいるんだけど、結婚する気ない?」と電話をしてきてくれたわけです。ありがたいことです。うれしかったな〜。

ですから、正直に「もう一度、結婚したい気持ちは大ありだけど、とりあえず、妻と三人の子供がいるからね〜」、と。

「エエ!」と驚くTクン。「結婚していて、あのハチャメチャぶりなの〜!」とさらに驚くTクンなのでした。

いや〜、楽しい同級会でした。そんな、ハチャメチャなときもあります。まあ、普段はまったく寡黙でそれはそれは「おとなしい」わけですから、みなさん驚かれたようです。

そんな二面性もいいじゃないですか。
posted by わくわくやじうま隊 at 10:02| 宮城 ☀| Comment(1) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

おっ〜と追加です

おっ〜と追加です。

目の操体。

「目玉の操体」ということで、コ〜ン先生も、その本の中で書かれていますから、こちらも参考にしてくださいね〜。
posted by わくわくやじうま隊 at 19:51| 宮城 ☀| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経ヘルスと目の操体

日経ヘルスを定期購読しています。

操体法の渡部信子さんの連載記事が読みたいばかりに定期購読しています。たった4ページの記事ですが、毎号毎号、教えていただくことがあり、大変参考になります。

頭痛や目の奥の痛みをとるポイントは後頭部にあり、うちの治療院の数少ない得意技のひとつなわけですけれども、得意技にできたのも、これもやはり、ヒントとなったのは「仙台のトトロ」先生のホッペのコリとり、小顔技なわけですけれども、頭痛や目の奥の痛みとりを「オレだけが知っている」というのは、やはり大いに思い上がりで、ちゃんと渡部さんもご存知で、そのことを、今月号で紹介しています。

教えていただいたことは、後頭部に指を触れながら、目を動かすと、目の動きと同じように、後頭部の筋肉が動くということです。あれ〜、なるほど」という感じです。

引用しますね。

「後頭関節の後頭窩には、頭蓋骨をまたいで目につながっている筋肉が幾重にも合流しています。

だから、ここを押しながら目を動かすことで、まずは目がぱきっとよく見えるようになる。

続いて、後頭窩表層から奥のほうにある靭帯までが徐々にゆるみ、後頭関節のずれも正されといく、

と私は考えています」。


ですから、逆に目を動かしてあげると、この後頭部をゆるませてあげることができる、ということですよね。。

いや〜大変参考になりました。目を気持ちの良い方向に動かしてあげるだけで、首のコリも頭痛もとってあげれたら、そりゃ、お客様も驚いて、喜んでくれるにちがいありません。

これ、探求する価値が大いにありますね。目の操体です。ホント、操体法はオモシロイですね〜。

posted by わくわくやじうま隊 at 19:39| 宮城 ☀| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

こんなのどうですか?

こんなのどうですか?

いつも私は、朝おきると、顔を洗うのがめんどうなので、
いっそのこと、といって、お風呂にはいるわけです。
朝風呂ですな〜。この時間、お風呂にはいりながら、
人体実験、ひとりで操体法をやってるわけです。

いや〜ひらめいたんです。
コ〜ン先生はじめ、師匠のみなさんは日々臨床でやっていることかもしれませんが、
自分でやったら、これ気持ちいいんです。
そして、簡単です。ですんで、いい気になって書いてみます。
ビギナーのたわごとと思って、お許しください。

実験したことというのはですね、

首関節、肩甲帯、骨盤の三関節合成、三軸操体法です。

立位でも仰向けでも、なんでもOKです。

例えばです。

私の右腕、少々上げると、窮屈感があるんですね。

それで、前方挙上を改善したいわけです。これ一軸です。(前のベクトルとなります)
前方挙上の窮屈なかんじの一歩手前にポジションをとります。

そのポジションから首を動診して、前屈、後屈以外の快の動きをみつけます。

私の場合は左側屈です。これが二軸です。(横のベクトルです)

そしたら、あとは、三軸目。骨盤の右ねじりとなります。(右ねじりのベクトルです)。
骨盤ねじりも膝を使った感じ、仰向けでしたら、右への膝たおしですね。

これ、自分でやってみて全身グワ〜ンとなって気持ちいい〜だったんですね。

腕の挙上も改善されたようです。

これちょっと、実験を続けてみようと思います。

皆様のご指導よろしくお願いします。
posted by わくわくやじうま隊 at 10:21| 宮城 ☁| Comment(1) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

中島みゆき・「時代」

風邪さんの「風邪」という言葉にみちびかれたのでしょう。

吉田拓郎にもひきつけられたにちがいありません。

今日のささやかなひとこまです。

いつも治療院では、NHKのFM放送をかけています。あまり好みではない番組のときは私の好きなCDをガンガンかけまくっています。まったくお気楽な治療院です。

今日の番組を聴いていたら、中島みゆきの「時代」が流れてきました。もう、30年前のヒット曲です。もってはいませんが、もちろん何度も何度も聴いて知っている曲です。

この「時代」のこんな一節の言葉にドキリとして、真剣に聞き耳をたててしまいました。そして、詩の一節をメモしてしまいました。

「だから 今日は
くよくよ しないで
今日の風に 吹かれましょう」

こんな一節があったんですね〜。ホロリとしてしまいました。

よ〜し、来月の忘年会、「オレが歌ったる〜、この時代を〜」。

ああ、ちなみに、私「音痴」です。ホロリとしないで、爆笑の「時代」になっちまうな〜。




posted by わくわくやじうま隊 at 18:19| 宮城 ☔| Comment(3) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。