2011年01月29日

鼻水はかむな!

なかなか、衝撃的な題をつけたもんです。

鼻水をとめるためには鼻水をかんではいけなかったのです。

ここ2日ほど、いわゆる鼻かぜになやまされました。鼻水がとまらなかったのです。

それでは解説しますね。

鼻水はなぜ出るのか。これは鼻の奥の「びくう」が乾燥したからです。「びくう」が乾燥してしまったので、それを感知したカラダが「びくう」を湿らせるために鼻水を分泌するのです。

乾いたから自分で水分を補う。なんと完璧なシステムなんでしょうね。

鼻水がでてきたら「びくう」が乾燥しているというヘルプコールなわけです。

鼻水がでるから鼻をかむ。これがあたりまえのことでした。

鼻をかむからまた水分が失われまた鼻水がでる。いつまでたってもとまらないということになります。

これまで、鼻水は「びくう」の乾燥が原因だということには気づいたので、「鼻うがい」をしていたわけです。今回も何度か行いました。

これはこれで効果はあります。確かに鼻水はとまりますので、この仮説、水分を鼻に補給すればよいというのは実証されていました。

けれども、これよりもっと効果的な方法があったのです。

ティッシュをまるめて鼻せんをするのです。

「え!」と驚くでしょう?

実はこれが一番効果的でした。

それでは解説します。

「びくう」の乾燥を補うために体内から分泌された鼻水を、かむのではなく、鼻せんをすることでそのまま「びくう」のなかにとどめておくのです。

すると自然とその体液・鼻水で「びくう」は潤いを回復していくというわけです。なんという自然の摂理なんでしょう。

できれば、カラダをよこたえて鼻せんをします。立ちながらですと鼻水が重力で下に流れてきますから。カラダをよこたえれば、鼻みずは流れず「びくう」のなかにうまくとどまったままです。

そのまま5〜10分ほど休みます。あとは、その鼻せんをとりゴミ箱にポイするだけです。

はい、お試しあれ。鼻水はとまっています。まだでるようでしたら、それは、まだ水分補給が十分ではないというサインですから、もう少々鼻せんをして休みます。

「びくう」をうるおすために「鼻水」はあったんです。ですから鼻水はかんではいけません。

わたしは「コレ」で鼻かぜをなおしました。

実はこれ「かぜ」でさえもなかったんだと思います。

ただの「びくう」の乾燥による「鼻水」症だったんだと思われます。

こういうのってけっこう多い症状ですよね!

ぜひ、みなさまご検証ください!

鼻水は鼻せんで治せ!


posted by わくわくやじうま隊 at 19:42| 宮城 ☁| Comment(3) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
只今絶好のタイミングど風邪を引いたので、ティッシュ丸めて実験してます(笑)!マスクは外せません…
Posted by ゆう at 2011年02月13日 11:18
小学生の頃、窓側の席になり、午後の日差しが強い時に、鼻が詰まってしかたなかったため、窓際が嫌いでした

日足の強さで、軽く脱水や乾燥をしていたのだと思います
Posted by カナコRoom at 2011年05月17日 22:56
時計 中古 [url=http://www.shoppingforcementjp.pw/]時計 デジタル[/url] <a href="http://www.shoppingforcementjp.pw/" title="時計 デジタル">時計 デジタル</a>
Posted by 時計 デジタル at 2013年08月03日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。