2011年02月25日

炭火の発見

名古屋の ゆう です!名古屋はここ数日まるで春が来たかのように暖かいです!

そのせいで昨日は火鉢に火を入れませんでした。

ところがこれが思わぬ発見を!

炭火ってね、人の波動を上げるんだなってわかってきたんです。温かくなるというのは、命の波動が高まるんですよね。

そうすると、互いに響きあい、何かが調和するんです。

火は神様。神は私たちの中にいます。

生きているって
温かいことなんですよね。

火はイノチ

イノチと命が響きあい、まるで出会えたことを喜ぶかのように調和する。

気持ち良く 心地よく
そこから生まれる空間は、まるで宇宙の愛にプロテクトされてるかのような、絶対的な安心を感じます。

宇宙の安らぎをそのまま感じられる炭火は、まるで人の命と同じ

炭に神が降臨し
赤々と火がつき
神を伝え
終わりがきたら
静かに消える。

そして、灰となり
土にかえり
土壌を潤し
また炭となる命を育てる。

イノチはみんな同じ

ありがとうございました!

そうそう、火おこしが壊れてきました!
ちゃんと毎日使ったから。ありがとう、ありがとう!
posted by わくわくやじうま隊 at 21:37| 宮城 ☁| Comment(1) | ゆう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
火鉢は自然のミニサイクルですね。

ありがた火。(^^)

Posted by コーン at 2011年02月26日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。