2011年01月22日

無意識の癖

やすらぎの杜です。

メール投稿に初挑戦♪

うちの整体院では来院した患者さんの多くが次回の予約も入れて帰ります。

無理なお勧めは一切していませんが
多くの方が自発的に予約を入れてくださいます。

何ともありがたいことです(^.^)



患者さんは次回の予約を入れるときに
自分の手帳か、もしくはカレンダーを確認します。

当院では受付のところの台に卓上のカレンダーを置いています。



私は会計時に、「次回の予約はどうされますか?」と尋ねて
予約します、という人には「カレンダーはこちらです」と
目の前にあるのですが、卓上カレンダーを
わざわざご丁寧に手で指し示します。


それなのに、新規の患者さんの大半が


「え〜と・・・」と言いながらくるっと後ろを振り返り
一瞬カレンダーを探す動作をするんです。



常連患者さんはカレンダーが目の前にあることを知っていますから
振り返りませんが、新規の方のほとんどが、まず振り返ります。


目の前でカレンダーを手で指し示していても
だいたい振り返ります。


いったい、これはどういうことか・・・???



患者さんの日常生活の中で、会社とか家とか学校とかで
カレンダーを確認するときには、カレンダーはだいたい壁にかかっていて
そこを振り返って確認するということが習慣になっています。


だから、目の前に卓上カレンダーが見えているのにもかかわらず、


次回の予約をする⇒カレンダーを確認する⇒振り返る


という行動が無意識に起こるのです。



本当に面白いくらいに皆さん、後ろを振り返ります。
で、壁を目で追って探します。



多くの人がカレンダー=振り返るという行動パターンが無意識に
インプットされているのですね。



カレンダーで振り返るくらいなら
別に害になることもありません。

私に面白がられるくらいです(笑)




しかし、


回復の妨げになる癖やパターンも多々あることでしょう。
回復を邪魔している思い込みや信念もあることでしょう。



そんな癖やパターンを手ばなすお手伝いをしていきたいと思っています。

整体の仕事を通じてそのようなお手伝いもいろいろできることがあると思っていま
す。
posted by わくわくやじうま隊 at 13:05| 宮城 ☀| Comment(1) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

とまとさんのナイスなリアクション

さて、続きです。


次に左腕はどうしたいのかな?と、
とまとさんの左腕に問いかけました。


とまとさん自身は半年もあれこれ試行錯誤してもダメだったのですから、
とまとさんの頭に問いかけても答えは出てきません。

とまとさんの体に教えてもらうのです。


前腕をねじったら気持ちよかったので
そのまま味わってもらいました。


ねじりの方向は忘れましたが、
もう少し詳しく書くと
皮膚をねじりながら、ちょっとだけ押し返してもらいました。
肩関節や肘関節に対して圧迫するような感じでした。


なぜそのようにしたかといえば、
これは皮膚を通して伝わってくるテンションの釣り合いから
そのようになりました。


体の細胞が望んでいる刺激を感じられるように
うまくテンションをつり合わせます。


頭でわからなくても、体はちゃんとわかっていますから、
適切な問いかけをすれば適切な答えが得られます。


その状態で数十秒味わって


それから左腕を挙げてみると
さっきよりさらにスイスイと挙がるようになりました。


トマトさんは再びナイスリアクション。


「あれぇえぇ〜〜〜!!!あれぇえぇ〜〜〜!!!」


こんなにいいリアクションをしてもらえると
自分がうんと上手になった気分になれます。
ありがとうございます。



以上でレポート終わります。
タグ:操体法
posted by わくわくやじうま隊 at 13:03| 宮城 🌁| Comment(2) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

ビフォー&アフターの変化と感動の関係

治療や施術において
より大きな感動を味わっていただくためには

ビフォー&アフターの変化を
しっかり体験していただくことが大切です。




まずはビフォーがどんな状態なのか
きちんと現状の検査をします。




正座しているとまとさんの背後に回って
肩関節の可動域をチェックしてみました。

右腕はすーっと挙がって腕が耳につくのに、
左腕を同じように挙げてみると
水平から15度くらい挙がったところで
肩関節周辺が痛くてそれ以上挙げられません。


もう半年くらいそのような状態だそうです。
自分でもいろんなことを試してはいるが、
なかなか良くならないのだそうです。



次に脊柱のねじれをチェックしました。

正座したまま上半身を左右にねじってみると
左は楽にねじれるのに、右にねじるとかなりきつそうです。


これは肩とか腕を何とかする前に、
背骨を何とかしたほうがよさそうだな、と思いました。


ちなみに、骨盤や脚のほうは、
さっきアヒルのカイちゃんと一緒にカエル足とかやっていたので、
上半身のねじれに対して、三軸操体をしてみました。


右ねじりがきついので、

左ねじり+左肩下げ+前屈
と合成しました。



2つ目の動作に左肩下げを選択したのは
左腕を挙げるのが嫌だったので、下げる動作をしました。
三軸操体を理解している方はおわかりでしょうが
3つ目の動作は自動的に決定されます。


この方程式をしっかり覚えて
臨床で使いこなせるようになるのに
私は3年くらいかかりました。


でも真面目に取り組めば一ヶ月もすればできるようになると思います。


頭の中で、軸の回転とベクトルの発生と
ベクトルの合成を自由にイメージできるようになると
かなり対応できる幅が広がりますが、
まずは得意なパターンから丸暗記していってもいいでしょうね。



さて、

左ねじり+左肩下げ+前屈


の姿勢をとったとまとさんはとても気持ちがいいと言いました。
さらに私は、とまとさんの背中から腰にかけての皮膚にアプローチしました。

三軸操体&皮膚操体の合わせ技です。

私は多次元操体などと勝手に名前をつけて
数年前からあれこれヤジウマしています。


三軸操体&皮膚操体

これは単独の三軸操体よりも
非常に気持ちよさと充実感が高まります。
(うまくやればですが)


とまとさんは味わい上手で、
とても気持ちよさそうでした。
数十秒味わってもらいました。


気持ちよさが薄れたところで、
もとの姿勢に戻りました。



それで、再度左腕を挙げてみました。


そうしたら、


「あら!!!挙がる!!!」


さっきは肩が痛くて引っかかって挙がらなかった腕が、
耳までくっつくくらいにすーっと挙がったのでした。


「あら〜〜〜!!!え〜〜〜!!痛くな〜い♪不思議〜〜〜!!!」

とまとさんのナイスなリアクション♪♪♪
ありがとうございます。


この仕事をしてて嬉しい瞬間の1つです。


また若干痛みは残るものの、
半年間、挙がらなかった腕が
真上まで挙がるようになったのでした。

ここまで所要時間1分弱。



さらにもうちょっと操法は続きます。
そのうちまた書きます。


つづく・・・
posted by わくわくやじうま隊 at 17:45| 宮城 ☀| Comment(2) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半年くらい前から肩が挙がらないのよ〜

さて、その後とまとさんが、

半年くらい前から肩が挙がらないのよ〜

という話になりました。


その瞬間、どういうわけか
ここは私に任せて♪
という気持ちになったのです。



たぶんお仕事モードに入っちゃったんでしょうね。


日頃の私の仕事スタンスとして

なるべく短時間で
なるべく少ない刺激で
なるべく少ない種類の操法で
大きな感動と満足感を導き出せたらいいなぁ


ということを毎日意識しながら仕事をしています。


普段仕事をしているときの
そういう意識の状態に入っちゃったんですね。


私に任せて、と言っても
私が治してあげるよ、という意味ではありません。


「私の提案を試してみてね♪」

という感じです。


さて、これから実際に何をしたのか書いてみますね。

つづく・・・
posted by わくわくやじうま隊 at 13:49| 宮城 ☁| Comment(0) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アヒルとトマトとカエル足

先日の講習会レポートです。

最近は、EFT練習会のように、
操体講習会でも三人一組で実技の練習をすることが多いです。
今年の頭あたりからそうなりました。実際とてもいいかんじです。

操法をする人、される人、観察する人。
観察する方もされる方も共に学べます。


7月から参加されているとまとさんと、
アヒルのカイちゃんと私と3人で組みました。

とまとさんもアヒルちゃんもコーン先生のところへ患者さんとして行って
それから講習会に参加されるようになった真面目なヤジウマさんです。


私は家から近いからと遊びに行ってるフトドキモノです。


最初、アヒルさんがとまとちゃんにカエル足とかやりました。
アヒルさんは丁寧にお手伝いしてて
とまとさんもとても気持ちよさそうでした。


「アヒルとトマトとカエル足」

なんか映画のタイトルみたいでかっこいい。


つづく・・・
タグ:操体法
posted by わくわくやじうま隊 at 13:34| 宮城 ☁| Comment(0) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

しつこい営業の電話 その2

さっき書き終わってひらめきました。


わかりました!



電話がかかってきた時点で内心「あ〜やだな」と思っていました。

その波動になった結果が、
電話を切った後の気分の悪さという現実を創っていました。


本当は断り方は関係ないんです。

施術中で本当に忙しくてどうやって断ろうとか考えていないときには
てこずったことは一度もありません。



てこずるのはいつも忙しくないときなんです。

すぐに切ろうとせずにいちいち話を聞いて、
それから切ろうとして、それでドツボにはまります。



これからはいつでも明るく爽やかに軽く断われる自分になれることを選択します。(セットアップフレーズ風)

感情レベルも0です。

問題は解決しました(^.^)
posted by わくわくやじうま隊 at 17:30| 宮城 ☁| Comment(0) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しつこい営業の電話に対して

しつこい営業の電話がかかってくることがあります。

「今忙しいんで」

と言うとすぐに切ってくれる人はいいんだけど、
なかなか切らずにしつこく食い下がる人もいます。

「いつ頃お手すきでしょうか?」
「何時ごろ営業終わりますか?」

などと繋げてきます。

ちゃんと答えればまたかけてくるし
無理やり切ると後味が悪いです。


なので、忙しくても一応用件だけ聞いて
「必要ありません」
「興味ありません」
とはっきり断るようにしています。



が、しかし



「必要ありません」

と言っているのに

「現在対策をされているということですか?」
「現在はどのような対策をされていますか?」


みたいな感じで、
優秀と思われる営業マンほど
何かしら質問で繋げてくるんですよね。


「今忙しいんで」

と逃げようとすると
「では何時ごろ〜?」
と繋げてくるし、


「間に合ってます」
といえば

「とおっしゃいますと具体的にどういうことでしょうか?」

と聞いてきます。


質問に答えず
「結構です!失礼します!ガチャ!」(ガチャは言わないけど)
っと切ることもあるけど電話を切ったあとの後味が悪いです。



一番手っ取り早いのは

あ〜!今忙しいんだよっというイライラのオーラ満開で断るのがいいですが、

それではあまり紳士的じゃないし、施術中であれば患者さんだってその会話を聞いていますからできれば柔らかく対応したいものです。


だけど、柔らかく対応するほどに
相手はつけあがってくるし、、、、


仕事中にかかってくる中では
インターネット関係の営業と
携帯電話関係の営業に
時々とってもしつこい人がいます。


皆さんはどう対応されてますか?
posted by わくわくやじうま隊 at 17:11| 宮城 ☁| Comment(2) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

操体は飽きない

10年くらい前に心身統一合氣道を習っていました。

でも飽きてやめちゃった。
何事も飽きっぽい私です。


操体は飽きずに続けています。

たぶん自分の感覚を頼りに試行錯誤できるところが
面白くて飽きずに続けているのだと思います。


心身統一合氣道の創始者の藤平先生は達人だと思いますが、達人の説く自然な立ち方は、当時の自分にとってとても不自然に感じたし、とてもしんどい立ち方でした。

私の原始感覚では快適なものではなかったんです。

でも創始者がそういうんだからという理由で
そうする必要がありました。

だから続かなかったんだと思います。



操体の創始者の橋本先生は本にこう書いてるけどあれはウソだ、
みたいなことをコーン先生は平気で教えるし
操体を踏み台にして好きなようにやれ!
ということも最初会ったときに言われたし
今月も言われました。

だから飽きない。


操体法が好きというよりは
コーン的操体への取り組みが好きです。

長年講習に通っているみんなも多分そうなんじゃないかと思う。



さて、自然で美しく楽でしかも強い姿勢は
どんな分野にも共通する身体の使い方だと思います。

だけど、その分野の指導者によって意識の置き所が違います。


結果としては同じような姿勢になると思うのですが、
どこに意識を持ってくるかがまったく違います。

登っている山は同じだけど登山道が違う 
みたいな。



いろんな登り方がありますが
自分が楽しい道を選びたいと思います。


最近になってまた武道習いたいなぁと思ってます。
posted by わくわくやじうま隊 at 12:48| 宮城 ☁| Comment(2) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

技術と人間性

先生一人の治療院で年商5700万というカイロプラクティックの先生の講演DVDを見ました。セミナーとかではなく純粋に施術をしての収入です。

先日セミナーに参加した活法整体の先生も一人院で年商5000万前後稼ぎます。


どちらの先生も1日に40人とか施術します。
もちろん実費治療です。
短時間ですが、患者さんは満足して通院しています。

どちらの先生も心から楽しんで仕事をしているし
仕事に誇りを持っているし哲学を持っています。

シンプルで矛盾がないのです。


そして患者さんのことを本当に大切に考えていることが伝わってきます。

もちろんテクニックも素晴らしいけど
考え方や人間性も素晴らしいのです。



カイロの先生は、肌が触れてもベッドが冷たくないように
営業開始時間の3時間前から治療院の暖房を入れて
ベッドはわざわざホットパックで温めているのだそうです。

徹底したホスピタリティのこだわりです。


そういう気配り心配りが患者さんにも伝わるのだと思いました。
その結果が高い施術効果へと繋がるのです。

宣伝なし、家族友人親戚の口コミだけで
全国から患者さんが集まるそうです。


私はカイロの学校を出てて
操体などを学んでいるとカイロなんて乱暴だとか
自然じゃないとかいう考えも持ったことがありましたが
それは単に自分の勉強不足でした。


技術と人間性


私はどちらも全然まだまだです。
一生磨き続けたいです。






posted by わくわくやじうま隊 at 12:34| 宮城 ☁| Comment(2) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

杜の響きオムニバスコンサート

マイミクのあゆあゆさんこと
佐藤あゆみさんが出演されます。
(エレクトーン)

杜の響きオムニバスコンサート
http://www.morinohibiki.com/

音楽に興味がある人はのぞいてみてください♪
posted by わくわくやじうま隊 at 13:45| 宮城 ☔| Comment(1) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。