2010年07月25日

老夫婦

妹から第二次世界大戦で生死の境を生き延びて今も元気に農業をしているお爺

さんが居ると聞いて、7月11日会いました。

生まれも育ちも登米市の大正7年生まれでもうじき92歳 の佐藤翁。

記憶が良く、話をするとき何年何月何日と説明をします。

昭和13年12月現役兵として満州国(現中国)牡丹江省で訓練を開始。

ノモンハン事件に参戦してから、ジャワ島、ガタルカナル島、ルソン島、ビルマ

(ミャンマー)と転戦する。ビルマでで終戦となる。

話題二点

1.ガタルカナル島では栄養失調とマラリヤ病による高熱のため一日3時間ぐ

らいしか意識が戻らない状態であったが、戦友に助けられ脱出。

その後野戦病院に入院する。野戦病院では次々周囲の兵士が死んでいくので

自分も死ぬと観念した。

2.ビルマでは誰もが間違いと解る命令で突入、ここでも命拾いをする。

佐藤翁の追憶記から  

満八カ年以上続いた戦線での殉職者は実に240万人もの若い尊い命が奪われ
た。

全く痛ましい限りで国の礎となられたこの方々の 犠牲を忘れる事は出来ない。

人口の75%以上が戦後生まれ、この悲劇を後世に伝えなければならない。

戦争はどん事があっても絶対にしてはならない。

米寿を迎えた奥様と話しの半ば「あの世は楽しいところ」と言うので、私を

連れて行って言うと、即座に駄目。

どうしてと粘る私を尻目に、柔和な顔で、夫と二人で行くのだと。



posted by わくわくやじうま隊 at 22:32| 宮城 ☁| Comment(0) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

twitter


知人に勧められ、ツイッターを始めました。

設定に手間取り、失敗し、知人にやって貰いました。

やり始めたのは文字数が最大140字と限定されているからです。

これが決め手。

そして稚拙な文章でも良いだろうと、何せ、つぶやきなのだからと自分自身納
得。

きちんとした文章を書かねばとの思いから解放されるつぶやき。

書き込みたいときの時間の自由。

他人のツィッターが見られる。

ツイッターは自分を鳥にし、空を自由に飛び回る感じです。

気分が乗らない、忙しい、そんな時はねぐらで休み、書くまではいかない時は
他人のつぶやきを聴き、元気な時はつぶやくつぶやく。

鳥は自然体で青空を飛ぶ。飛ぶ。


posted by わくわくやじうま隊 at 22:54| 宮城 ☀| Comment(0) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

医王会2

医王会2


イメージ健康体操の本を読んでいます。

基本体操が6種類有ります。

A型(肺・大腸系のばし)

B型(脾・胃系のばし)

C型(心・小腸系のばし)

D型(腎・膀胱系のばし)

E型(心包・三焦系のばし)

F型(肝・胆系のばし)

私はB型が一番難しく、2番目はE型、残りの4型は曲がりなりに何とか出来ま
す。

「体から生命の響きを感じ、生きている実感を得る」と書いています。

A〜Fまで通したのは今日で2回目、次回8月の講習会までに報告したいと思い
ます。

この猛暑の折、体で生きている実感を得る事が出来れば幸せ!!!

扇風機の風がより心地よくなるでしょう。
posted by わくわくやじうま隊 at 23:02| 宮城 ☀| Comment(2) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

医王会


医王会1

5月の二次会で、京都から参加したSさんから医王会の増永静人氏の話を聞きま
した。

早速INで本3冊と経絡指圧診断治療要図を購入しました。

経絡要図を見て、これだと直感しました。腹部の五臓六腑の図です。

今まで腹部の構図を何度か見てきましたが、これだと決めかねていましたから。

2ヶ月になりますが遅々として先に進みません。

今年になって勉強の方法を変えました。自分の体を通して納得する本の読み方を
しています。

時間がかかります。嘘か本当か野次馬しています。
posted by わくわくやじうま隊 at 21:59| 宮城 ☁| Comment(0) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

7月18日夜


二次会

会場はだんまや水産 で 皮膚の操体DVDの発売記念パーティです。

私の仙台に行く一番の楽しみは二次会です。

今回は二次会仕切りのHさんがテキパキと注文します。即、生ビールとウーロン
茶で記念パーティ乾杯。

しかし今先生の挨拶は無く通常の二次会の開始でした。私はこのような気さくな
雰囲気が好きで参加しています。

生ビールを一気に飲み干し二杯目を飲み始めると酔いが回り始まります。気持
ちが楽・楽・楽で即座に快になります。

気持ちが大きくなり、しゃべり、踊りたくなります。なんと楽しいのでしょう。
ビール2杯後から焼酎に替わった頃は絶好調です。

LET(Oリング)して遊んでいたら盛岡のNさんがとんでも無い事を考えま
した。握手してLETを望みました。

若い娘との握手のLETはグーでした。本来は二人のパワーが結果を出すので
すが、Nさんひとりのパワーで充分のようでした。

今回、調子にのり、しゃべりすぎでした。反省です。

二次会では各人の思い、特技,経験、技、情報等が聴く事が出来ます。

特に操体に関しては今先生の話が凄く魅力的です。

来る者は拒まず、去る者を追わずと言う今先生の言葉は含蓄があります。

本日多少アルコール有り。

posted by わくわくやじうま隊 at 22:20| 宮城 ☀| Comment(2) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

7月18日午後

操体講習会

13時からの操体講習会は12人の参加者で開始です。

今先生の定番、この講習会はカリキュラムはありません。その都度、変わりま
す。質問は有りませんか?

先生の誘いの言葉に次々質問が出ました、

前立腺、こり、患者が眠ったとき、猫背、出産時、等。

最後先生曰く、極意は「身体と身体との、ぼ〜とした気持ち良い交流」と。
これが難しい。

3人グループで練習開始です。ベテランMさん、新人Nさん、私です。

Nさんが仰臥、Mさんが足心道で施術、私はMさんの丁寧な手の動きと説明を
聞きながら見学。

Nさん気持ちよさそうに目をつぶり、満足そうな状態でした。

ふぅ〜浮き世から離別しているなあ〜。と眺めていました。

それから、つま先上げ、膝の胸つけ、揺らし、私もMさんの後追い。

Nさんには膝裏のコリ探し、揺らしの足指の持ち方をして貰いました。

私はチャンスとMさんにお願いして足から施術を、間もなく眠ってしまいまし
た。

一瞬ここは天国かと思いましたが、現実に戻りました。Nさんと同じような状
況かなあ〜

私も何かMさんにと思い、揺らしに挑戦、小指が少し硬いのでそこを中心に揺
らし続けました。

Mさんからは肩が軽くなったと言われ、足の小指と肩が関連有る事を知りまし
た。

最後はえがおさんの小顔施術をねだり、数分で小顔に変身。

皆さんの驚きに胸を張ってしまいました。

これからは笑う様にして小顔を維持しようと決意しました。
posted by わくわくやじうま隊 at 20:08| 宮城 ☁| Comment(0) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

7月18日午前中

manです

家を7時45分出発し、会場のイズミティ21に10時に一寸遅れて到着。

今日は月1回のEFT講習会。着席と同時に近況報告の順番でした。

私は「この1ヶ月練習しませんでした。忘れないように出席しました。」と正直
に言いました。

近況報告後、「宝くじEFT」を全員で実施。

SUMMER JUMBOは既にバラ10枚で購入済、あたれば「もっけもの幸
い」と思っていました。結果は何十年と、陰ながら公共事業等に協力して来まし
た。

今回「宝くじEFT」では具体的です。一億円と考えたのですが、欲の皮が張る
と成就出来ないと思い、一千万円に。

その二割は月光さんの操体学校に二百万円。
世話になっている女房X割、寄付二割。

残りは私が見栄坊を含み、残金を使う。

その為に、バラ10枚SUMMER JUMBO追加購入予定。


三人グループのEFTは一人20分で、利府のO氏、山形のSさん、と私。

O氏には「耳鳴り」でやって貰いました。リラックス出来、人生の歩みを感じな
がらタッピングを受けました。

次はSさんの「胃もたれ」に私がEFTをしました。

途中、「もっと突っ込んだタッピング衝動」を抑えました。

心が「黙って他人の家に入るような事は禁止」と言いましたので。

後の鈴木講師のアドバイスは「本人の了解を得て」です。

良かった。良かった。
posted by わくわくやじうま隊 at 14:34| 宮城 ☁| Comment(2) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

ブログに写真

manです。

ブログに写真を掲載したくて、月光さんに教えられて挑戦しました。

上手くいくと良いですが?

割り込みをお許し下さい

dc012901 - コピー.JPG
posted by わくわくやじうま隊 at 09:42| 宮城 🌁| Comment(9) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

お見舞い

28日友人から葉書が届く。

恩師のY・A先生が東北大学病院西棟17階「緩和ケアセンター」に1月14日
より入院しいる。膵臓癌で手術は難しく余命1ヶ月。来仙時先生に励ましの言葉
を。

本日早速花屋で花かごを作ってもらい、見舞いに行きました。

土曜日で病院は閑散としていましたが、私が乗ったエレベーターは満員。しかし
途中で人々は降り、最上階の17階で降りたのは私だけでした。

入り口には許可を得ての貼り紙が有りました。看護士さんに会い、受付で名前を
聞かれ、ここで待って下さいと。

数分後奥さんが来て挨拶をしました。6年前自宅を訪問した以来です。

先生は一見元気そうでした。部屋には息子さんも居ました。

奥さんは26日から高熱と寒さで今日落ち着いた所だと話してくれました。

恩師は一言も話さず毅然としていました。

私はその場で話を進める事が出来ず、手を揉んで良いか聞きました。奥さんが良
いと言ったのでさすり始めました。

熱い手で、私の冷たい手を心配したのですが、さすりそして揉み終わった時は私
の手より冷たくなっていました。

次に足も同様にしました。何故か涙が出そうな感じで足に触りました。綺麗な足
でした。

間もなくお暇をしました。

エレベーター前まで奥さんが見送ってくれました。

50日間消化器病棟で検査、手当は何も無し
ここに来て初めて点滴がされた
この階に来るには本人の承諾必要で気落ちした
ここの階では笑う人は居ない
人の回転が速い

私は爪もみが良いですよと言って別れた。

今でも、検査に50日間、そんな事あるのかと思っている。

先生は仁王様のように毅然としていたなア〜


追伸:送ったお多福の写真どこへ行ったのでしょうか?
   今先生・月光さんコメント有り難う御座います。
posted by わくわくやじうま隊 at 23:44| 宮城 ☔| Comment(0) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

国立劇場

25日は歌舞伎「旭輝黄金鯱」を鑑賞。

大凧に乗って名古屋城天守閣の金鯱から鱗を盗んだと言う伝説の盗賊「柿木金助」
を主人公にした作品。

みどころは金助が大凧の宙乗りで客席を斜めに飛び大屋根に降り立つ場面。

金助の妖術で命を宿した金鯱が洪水を起こし、それを食い止める「金鯱つかみ」
の格闘。

俳優は尾上菊五郎、尾上菊之助、尾上松緑等

「金鯱つかみ」の菊之助が鯱を相手に本水の立廻りは(ビニールシートを前3列
に渡して行われ)圧巻であった。

また向坂甚内(盗賊)役の松緑には姿勢・口上・見得 に見惚れ。 歌舞伎鑑賞は
仙台で一回、二回目の今回、思い切って特別席を購入したがこれが良かった。歌
舞伎も良いものだと思った。

開演前に軽食喫茶でコーヒーを飲んだとき、多分90歳を過ぎたと思われるお婆
さんが時間をかけ、ゆっくりパンフレット見ながら食事をしていた。

鏡を出し食事後の顔を眺めていた。吃驚すると共に感心をした。後から凄い女性
だと思った。彼女は車いすで4時間の歌舞伎を1F後席で鑑賞していた。

売店でお多福を買いました。何故か惹かれました。写真も貼付。

posted by わくわくやじうま隊 at 21:22| 宮城 ☁| Comment(0) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。