2010年11月25日

これは笑い話です

これは笑っちゃいましたね。

今月の講習会の反省会の酒席で、
コ〜ン先生に「七ヵ宿の白炭」を教えていただいたわけです。

一酸化炭素もでないし、なんか、空気がきれいになりそうで、
うちのお店でも、炭をたいてみようかな〜とおもったわけです。

それで、さっそく、パソコンで検索をかけたわけです。
「七カ宿の白すみ」で。

うん?文字のちがいに、よ〜く、注目してくださいね。

「七カ宿の白すみ」で検索をかけて
ページを3ページもいっても全然、すみ屋さんの表示はでてこないわけです。
「なぜなんだろう?変だな〜」とじっと、考え込むわたくし。

何度、検索をかけても、グーグルからヤフーにかえてみても
結果はなにもかわりません。
一日考え込んでしまいました。

「白すみ」の導入を諦めようかとも、思いましたが、
面倒をおかけして申し訳ないなと思いながら、
とうとうコ〜ン先生にメールを送りました。

「白すみ」屋さんを紹介してほしと。

ご返事が届きました。

「七カ宿の白すみ」では検索は出ません
「七ヶ宿の白炭」で検索してみてください。トップで出るはずです。

このふたつ、パソコンの検索ではまったく別物なわけです。あれ〜!

同じ文字は「七」「宿」「白」のたったの3文字です。
これでは確かに検索にひっかかるわけはありませんよね〜。

いや〜、なんて、パソコンっていじわるなんでしょう。
電話だったら、「白すみ」と言おうが、「はくたん」といおうが、
意味は通じるはずですからね!

なんとも、笑い話です。
明日にでも注文しようと思います。
posted by わくわくやじうま隊 at 21:37| 宮城 ☁| Comment(2) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

ついてる、ついてる、ついている!


たまには、どうしたわけか、まじめなブログを書いてしまいました。
そんな、一面もあるんです。そう、哲学科卒業ですから。ハハハ、、、。

ご一読ください。軽〜い感じでね!

「ついてる、ついてる、ついている!」

そんな、言葉をつぶやくようにしています。

まあ、マルカンさんの本の影響ですけどね。

マルカンさんを教えていただいたのは、もちろん師匠の皆さんです。
私はあまり、自己啓発書は読まない人だったわけです。なぜかと申しますと、自分を神様だとおもっていたからです、ハハハ、、、。カミサマにそんな本は必要がないわけですから。

でもね〜、しょせん、自分で自分を神様だと思い込んでいるだけですから、
実はまったくの「ムノウ」なわけですね。無能の神様なわけです。

無能だな〜と、つくずく実感してしまうと、いろいろ、グダグダ考えはじめるわけです。神様にもかかわらず、、、。

そんな時にですね、
グダグダ考えるよりも、そんなくだらない雑念を追い払うためにも、念仏のように、「ついてる、ついてる、ついている!」とつぶやくことにしたんです。

私は基本的に、「屁理屈」で生きていますから、理屈の通らないことは嫌いなわけです。ですから、自己暗示ですとか、深層心理とか、多少、宗教色がでてきますと、なんとなく、苦手意識といいますか、引いてしてしまうわけですね。リベラリスト、自由主義者ですから。

デカルトです。「われ思う、ゆえに、われあり」、です。パスカルです。「人間は考える葦にすぎない。けれども、それは、考える」。そうです。考えることです。そこに、自分の尊厳を見出そうと思います。それに加えるなら、やはり、感性でしょうね。フィーリング、なんとなくの感性も信じてます。

でもね、やはり、この人生をオバカに「極楽」に生き抜くためには、自分を自分で洗脳して、「ああ、大丈夫、大丈夫、どうにかなるよ、ハハハ」なんて、お気楽なスタンスも欠かせなくなるわけです。私のような、自営業者は。そう、自衛です。自分を守らなくてはいけませんから。

そんな、時に、この「ついてる、ついてる、ついている」。そんな言葉は良いかもしれないと思ったわけです。最近、ズ〜とつぶやいています。朝起きて、音楽をききながら、朝風呂にはいりながら、ご飯をたべながら、お客さんからの予約がはいるたびに、お客さんが来ていただくたびに、治療が上手くいくたびに。

「ついてる、ついてる、ついている」。そうだ、私の人生はついている!と信じてみるわけです。
そうです、私の人生は「ついている」。もちろんです。だって、私は、「カミサマ」なのですから、ハハハハハ、、、、!

さあ、あしたも、また、「ついてる」ぞ〜〜〜〜!


posted by わくわくやじうま隊 at 21:58| 宮城 ☁| Comment(1) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

こんな、おバカはどうですか?

なかなか、投稿がふえませんね。

それでは、こんなのはどうですか?

きょう、うれしい電話があったんです。

同級生のTクンからです。こんな電話です。

「いまちょっと、電話してもいいかな。
あのさ、結婚する気ない?」。

だってさ!

これには、伏線があるわけです。
先週、中学校の同級会がありました。これまで何度か同級会は開かれていたのですが、私は今回が初めての出席です。

その同級会で、もうブッ飛びの、ハチャメチャをかましてきたわけです。二次会では同級生が歌うカラオケをバックに大チーク大会と大ハグ大会を演出して、大いに盛り上がりました。

そのハチャメチャな姿をみて、同級生のだれかが、Tクンにささやいたにちがいありません。「アイツはまだひとりもんだから、まあ、仕方がないさ。大目にみてやろう」と。

そんな、誰とも知れないツブヤキを真にうけた、Tクンが「いい人がいるんだけど、結婚する気ない?」と電話をしてきてくれたわけです。ありがたいことです。うれしかったな〜。

ですから、正直に「もう一度、結婚したい気持ちは大ありだけど、とりあえず、妻と三人の子供がいるからね〜」、と。

「エエ!」と驚くTクン。「結婚していて、あのハチャメチャぶりなの〜!」とさらに驚くTクンなのでした。

いや〜、楽しい同級会でした。そんな、ハチャメチャなときもあります。まあ、普段はまったく寡黙でそれはそれは「おとなしい」わけですから、みなさん驚かれたようです。

そんな二面性もいいじゃないですか。
posted by わくわくやじうま隊 at 10:02| 宮城 ☀| Comment(1) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

おっ〜と追加です

おっ〜と追加です。

目の操体。

「目玉の操体」ということで、コ〜ン先生も、その本の中で書かれていますから、こちらも参考にしてくださいね〜。
posted by わくわくやじうま隊 at 19:51| 宮城 ☀| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経ヘルスと目の操体

日経ヘルスを定期購読しています。

操体法の渡部信子さんの連載記事が読みたいばかりに定期購読しています。たった4ページの記事ですが、毎号毎号、教えていただくことがあり、大変参考になります。

頭痛や目の奥の痛みをとるポイントは後頭部にあり、うちの治療院の数少ない得意技のひとつなわけですけれども、得意技にできたのも、これもやはり、ヒントとなったのは「仙台のトトロ」先生のホッペのコリとり、小顔技なわけですけれども、頭痛や目の奥の痛みとりを「オレだけが知っている」というのは、やはり大いに思い上がりで、ちゃんと渡部さんもご存知で、そのことを、今月号で紹介しています。

教えていただいたことは、後頭部に指を触れながら、目を動かすと、目の動きと同じように、後頭部の筋肉が動くということです。あれ〜、なるほど」という感じです。

引用しますね。

「後頭関節の後頭窩には、頭蓋骨をまたいで目につながっている筋肉が幾重にも合流しています。

だから、ここを押しながら目を動かすことで、まずは目がぱきっとよく見えるようになる。

続いて、後頭窩表層から奥のほうにある靭帯までが徐々にゆるみ、後頭関節のずれも正されといく、

と私は考えています」。


ですから、逆に目を動かしてあげると、この後頭部をゆるませてあげることができる、ということですよね。。

いや〜大変参考になりました。目を気持ちの良い方向に動かしてあげるだけで、首のコリも頭痛もとってあげれたら、そりゃ、お客様も驚いて、喜んでくれるにちがいありません。

これ、探求する価値が大いにありますね。目の操体です。ホント、操体法はオモシロイですね〜。

posted by わくわくやじうま隊 at 19:39| 宮城 ☀| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

こんなのどうですか?

こんなのどうですか?

いつも私は、朝おきると、顔を洗うのがめんどうなので、
いっそのこと、といって、お風呂にはいるわけです。
朝風呂ですな〜。この時間、お風呂にはいりながら、
人体実験、ひとりで操体法をやってるわけです。

いや〜ひらめいたんです。
コ〜ン先生はじめ、師匠のみなさんは日々臨床でやっていることかもしれませんが、
自分でやったら、これ気持ちいいんです。
そして、簡単です。ですんで、いい気になって書いてみます。
ビギナーのたわごとと思って、お許しください。

実験したことというのはですね、

首関節、肩甲帯、骨盤の三関節合成、三軸操体法です。

立位でも仰向けでも、なんでもOKです。

例えばです。

私の右腕、少々上げると、窮屈感があるんですね。

それで、前方挙上を改善したいわけです。これ一軸です。(前のベクトルとなります)
前方挙上の窮屈なかんじの一歩手前にポジションをとります。

そのポジションから首を動診して、前屈、後屈以外の快の動きをみつけます。

私の場合は左側屈です。これが二軸です。(横のベクトルです)

そしたら、あとは、三軸目。骨盤の右ねじりとなります。(右ねじりのベクトルです)。
骨盤ねじりも膝を使った感じ、仰向けでしたら、右への膝たおしですね。

これ、自分でやってみて全身グワ〜ンとなって気持ちいい〜だったんですね。

腕の挙上も改善されたようです。

これちょっと、実験を続けてみようと思います。

皆様のご指導よろしくお願いします。
posted by わくわくやじうま隊 at 10:21| 宮城 ☁| Comment(1) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

中島みゆき・「時代」

風邪さんの「風邪」という言葉にみちびかれたのでしょう。

吉田拓郎にもひきつけられたにちがいありません。

今日のささやかなひとこまです。

いつも治療院では、NHKのFM放送をかけています。あまり好みではない番組のときは私の好きなCDをガンガンかけまくっています。まったくお気楽な治療院です。

今日の番組を聴いていたら、中島みゆきの「時代」が流れてきました。もう、30年前のヒット曲です。もってはいませんが、もちろん何度も何度も聴いて知っている曲です。

この「時代」のこんな一節の言葉にドキリとして、真剣に聞き耳をたててしまいました。そして、詩の一節をメモしてしまいました。

「だから 今日は
くよくよ しないで
今日の風に 吹かれましょう」

こんな一節があったんですね〜。ホロリとしてしまいました。

よ〜し、来月の忘年会、「オレが歌ったる〜、この時代を〜」。

ああ、ちなみに、私「音痴」です。ホロリとしないで、爆笑の「時代」になっちまうな〜。




posted by わくわくやじうま隊 at 18:19| 宮城 ☔| Comment(3) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

風邪の誕生日

昨日は「風邪の誕生日」でした。
おかげさまでいつの間にか54才になりました。

温かいメールと嬉しいプレゼントもたくさんいただきました。
今日は自分で自分にプレゼントを買ってほのぼのと見ていました。
何を買ったのかは「ないしょ」です。

でも嬉しいので教えます。
グッピーを10匹(600円)買ってきたのでした。(^−^)

今、きれいなグッピーが水槽ですいすい楽しそうに泳いでいます。
この水槽は何年か前に姫ちゃんがプレゼントしてくれました。
私のあの「グッピー理論」はここから生まれたのでした。

今宵の私は、グッピーをにこにこ見ながら、お気に入りの
吉田拓郎のDVDを聴いたり見たりしつつ、昨日プレゼントで
いただいた愛知県の抜群に美味い焼酎をロックでちびちびと
味わい味わい、これを書いています。

昨夜は三浦先生と東京操体フォーラム実行委員の皆さんと仙台駅の
お寿司屋さんでお会いしました。
それぞれに違う香りがして、ひとりひとりの個性が輝いていました。
エビやイワシのお寿司も美味しかったですが、みんなの心がまっすぐで
素晴らしかったです。

タコにはタコの味、エビにはエビの味があります。
タコをエビにしようとするのではなく、
タコはタコがいいんですね♪。(^−^)


posted by わくわくやじうま隊 at 19:46| 宮城 ☔| Comment(2) | コーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

火鉢には意志がある

いやぁ驚きました!
最近火鉢を置きまして、置いてるだけの時には何もおこらなかったのですが、火を入れた途端、色んな現象が起こりました!

最初、施術室のどこかに…と、適当に椅子の前に置いたんですよ!そしたら、次々と出費が重なり、私は、まさか火鉢の位置が風水の凶方向かと思い、場所を患者さんの足元で、なかなか見映えのする位置に変えました。

すると、変えてから次の日、今度はうちに来てくださっている患者さんが、体調崩し精神不安になるじゃないですか!

えぇっ!?ここもダメげっそり!?ってことで、今度は食卓の横に置きました。

そしたら、今度は、なんと、私のクレジットカードが盗難にあい、一体どうすればいいの!?と考え込みました。

そして……………


……ちょっと待てよ‥毎年ファンヒーターを置いてる所にしてみよう…

ところが、今度は娘が風邪をひき、発熱!

お手上げ状態になり、どうしようかと困っていたとき、ふと、「ひょっとしたら、これは意味があるかもしれない!」と感じ、この火鉢の今までの経緯を思い返しながら聞き分けていきました。
時計時計時計時計時計時計時計時計時計
そして、ある結論が出たのです。

それは、イノチには使命があるように、この火鉢にも使命がある。

この世の全ては波動でできており、その波動はちゃんと調和している。

使命を持ったこの火鉢にも、それを叶えるために生み出され、その導かれた環境に一番適する位置はこの火鉢が一番よく知っているはず!

では、この火鉢の使命は何だろうか!

と、炭火を見ながら、考えておりました。

そして、ハッふらふらと気がついたのです!

炭火から教えられた様々なことは、操体を行っていることとつながっていて、患者さんが、この部屋に入ったときから操法は始まっていて、患者さんと操者である私が、お互いに最高の環境で、イノチの波動を一番いい状態で調和できるようはからうために、わざわざ火鉢さんがお越しになってくれたんです!

あぁ!そうだったんだぁ!火鉢さん!

なんて有り難き幸せ!

さぁ、どうぞ、私を通してアナタの収まりたい場所を選んで下さい!

と、あとは無心になり、直感で、見つけました!

あったんです!最高の場所が!決定

そしたら、ピタリと色んな現象が終わり、終結方向へ。

そして、患者さんとの会話までかわってきてしまい、施術の通し方まで変わってきてしまいました!
とにかく、お互いに緩むんです!

だから、力まない!
今回のことで、風水も調べたりしましたが、よくわかったことは、人間も物も、この世に存在するもの全てに意味があり、その環境も形も人もタイミングも、そこでなくてはならない訳がある。今でなくてはならない訳がある。
全て良くなるために、生まれてきている。
たとえそれが人間界で言われる吉であろうと凶であろうと、それにはちゃんと理由があり、大切なことは、何かしらの使命を叶える為の波動が調和し、スムーズに流れるように互いにはからうこと。

私の中に響き渡った言葉は

何事も軽んずべからず

でした。

火鉢さんは、インテリアみたいに、オモチャみたいに扱ってほしくなかったんです!

とっても誇り高き、そして強い意志を持った火鉢さんに感謝いたします!

ありがとうございました!

良い学びになりました!


でも、火の波動って凄いね!!ヒェ〜げっそり!!
posted by わくわくやじうま隊 at 22:41| 宮城 ☔| Comment(2) | ゆう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

ごぶさたしておりました

ごぶさたしておりました。
久々の記事の投稿です。

実はですね、今週、大変落ち込んでいたわけです。
なぜかといいますと、今週最初のお客さんが坐骨神経痛でおみえになったんです。

典型的な坐骨神経痛の症状で、
臀部、特に坐骨結節の痛みを訴え、大腿後面からふくらはぎまでの痛みとしびれを訴えます。

これまで、トリガーポイントを参考に、罹患筋を特定し、その筋肉をリリースするという施術をしてきたわけです。それなりに、成果もだせていて、坐骨神経痛はもう「小殿筋」のリリースで大丈夫だな、と踏んでいたわけです。

ところがです、今週最初のお客さんには全く無力で全然症状を改善させることができなかったわけです。もう、ガックシでズ〜と考えつづけていたわけです。

そんな時、なんとなく、久々に「操体法の実際」をはじめから見直していたんです。
すると、「かかと伸ばし」の操法が坐骨神経痛に適応するとしるされていたわけです。
自分のカラダで試してみても、なるほど、カラダの後面がズ〜と伸びていってリリースされる感覚が実感できたんです。

無力だった、今週最初のお客さんに、これをやってあげればよかったな、と悔やんでいたわけです。効くかどうかはわかりませんけどね。

すると、昨日、新患さんです。これまた、坐骨神経痛の症状で、両足とも、足先までしびれている、というわけです。

「かかと伸ばし」の出番です。
気持ち良さをすぐに味わってもらえて、いい感じがつたわっていきます。

「太ももの付け根が痛くなくなってきた」、「お尻もいたくなくなってきた」と教えてくれます。
もうこれは、三浦先生の「手関節・足関節からのアプローチ」の症例の世界になってきたわけです。

「おお!ホントかよ!」とこちらはもう、ワクワク嬉しくなって、ジ〜と踵を軽く押しつづけるわけです。5分、いや、もっと長かったかもしれません。ジ〜と味わってもらいます。

もう、感謝、感謝、踵を押さえながら、「コ〜ン先生ありがとうございます、みなさんありがとうございます」、そう心の中でつぶやきながら、ジ〜と踵を押さえ続けたわけです。

いや〜、本当です。坐骨神経痛の症状が消えたんです。足先までポカポカしています。いや〜、本当に「操体法」はスバラしいです。みなさんは、こんな経験は毎度のことで、なれていらっしゃるんですが、私にとってははじめての施術だったんですね〜。

「痛みがあれば、直接はたらきかけるのではなく、遠くからアプローチします」とは、コ〜ン先生が何度もおっしゃっているわけですけれども、遠くといっても、どこの遠くなのか、こちとら皆目見当もつかず、ひたすら、患部に直接筋肉のアプローチを挑んできてたわけです。

痛んだ、弱ったカラダには、動かしてあげる操法よりも、ジ〜と味わってもらう、そんな操法のほうがはるかに効果的であることが、また、「遠く」というのが、どういうことなのかも、なんとなくですが、体験できました。やみくもの「遠く」じゃ、効果は出ないはずですからね。

本当にみなさんありがとうございました。「さあ、いらっしゃい、いらっしゃい、坐骨神経痛いらっしゃい」。きっと、この操法の応用で、いわゆる、ヘルニアも脊柱管狭窄症もいけるんだな、と感じております。これから、もっとあちこちのカラダのスイッチを探索していきますね。

コ〜ン先生はじめ、師匠のみなさん、本当にありがとうございました!
posted by わくわくやじうま隊 at 10:30| 宮城 ☀| Comment(1) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

東京操体フォーラム


2010年秋季東京操体フォーラムが開催されます。


posted by わくわくやじうま隊 at 14:11| 宮城 ☁| Comment(0) | コーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

ドクダミ風呂

今日は、痛い思いや心臓バクバクがあったので、ドクダミ風呂に入りました!

はじめてのドクダミ風呂。

今日買った本に自宅でできる薬草風呂というのがあって、面白そうなのでやってみました!

本当はヨモギやスギナも入れるとよいのですが、なかったのでとりあえずドクダミだけで。

使ったのはティーパック。8袋使いました。

お湯は茶色。麦茶みたい!

入った感想はポカポカで、鼻の奥がトクトクします。

湯冷めもしません。
血行の悪いところほど温かいです!

今度緑茶でも遣ってみよう!

古いお茶っぱがあるからもったいないからいい気分(温泉)にしちゃおう!
肌はさっぱりしてます。

こういうのを本当の「お茶漬け」っていうのかも!(笑)
posted by わくわくやじうま隊 at 23:31| 宮城 ☀| Comment(1) | ゆう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

操体法講座のお知らせ

操体法講座のお知らせです。

操体バランス運動研究会

と、その前後に操体法講座が開催されます。
ご興味のある方はどうぞご参加願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「操体法講座のご案内」

ゆるやか操体法実践の北村翰男先生を迎えての操体法の
ワークショップをおこないます。

日頃腰痛を抱えている方への問いかけ、改善方法を実践
していただきます。

日時 平成22年10月29日(金)18時より19時30分

場所 仙台市救急医療事業団内 仙台市医師会館5F 
   仙台市若林区舟丁64−12

対象 操体法の基本を知っている方、腰痛にお悩みの方
   (資格は問いません)

参加料3000円(当日3500円)

講師 北村翰男 奈良操体の会 

申し込み・お問い合わせは
電話022−223-3230 Fax022−223-3233  
Eメールonkodo-sendai@hb.tpl.jp
定禅寺通・メディアテーク前橋本ビルヂング1F温古堂 
...............................................................

 「介護に生かす 操体法入門講座」

     ―寝たきりにさせない!楽々介護―

腰痛、肩痛を抱えながら介護していませんか?
操体法とは体を無理無駄なく操る方法。痛みや苦しさを伴わず、
自分の力を発揮することの出来る動き方のコツです。
「介護に生かす操体法」は体の自然な動きを応用した介助法です。

家族を上手に介護してあげたい、自分の体を壊さずに介護したい。
そんな方のためのセミナーです。

日時 2010年10月31日(日)14時から16時30分

場所 財)仙台市救急医療事業団 仙台市若林区舟丁64−12
   仙台市医師会館5Fホール 地下鉄河原町駅下車徒歩3分

参加費 1000円 (当日1500円)

対象 介護を職業にしている方 ご家族の介護をしている方  
   介護に興味のある方  (資格は問いません) 

内容 身体運動の法則、壊れない体の使い方、トランスファー、
   立たせ方とその応用、 介護する人の体のケアーなど

講師 坂本洋子(奈良操体の会・訪問看護看護師)
   落合久美(ゆるやか操体の会・介護操体アシスタント)

準備するもの 動きやすい服装 大きめのタオル

◎申し込み 仙台市青葉区立町27の21 温古堂 

電話022−223-3230・Fax022−223-3233
Eメールonkodo-sendai@hb.tpl.jp
posted by わくわくやじうま隊 at 10:25| 宮城 ☁| Comment(0) | コーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

三才ドラマー

こんなのがありました。
音楽操体♪。かわいいです♪。


posted by わくわくやじうま隊 at 11:07| 宮城 🌁| Comment(4) | コーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

本日は晴天なり

きょうは、本当に良い天気でした。なにやら明日は、雨らしいですがね。

あんまりにも良い天気ですので、いつもより、もっとはりきってお店のお掃除に励みました。

床はもちろん、窓まで一気に全部水ぶきしちゃいました。
なんといっても、私の趣味は「お掃除」ですから、まったくそんなことは苦にもならないんですけどね。それに、いつも、毎日やっていることです。

それでも、なんとなく、いつもより気合がはいってしまったのは、今週手にいれたH先生の施術のDVDを見たせいですね。

こんな、施術をみせたのです。お客さんをはじめ、椅子にすわらせますね。そして、その姿勢から前屈させて、その、可動域を確認します。

そして、次に、お客さんをもう一度席を立たせて、手でさっさっといすを撫でて、掃き清めてから、お客さんを座らせ、もう一度前屈してもらいました。

ジャ〜ン。その可動域が飛躍的に良くなったのです。「おお〜」という歓声が講習会の参加者からおこりました。そりゃ、そうですよね。いや、〜驚きました。

手でさっさっと、掃き清めただけで、お客さんのカラダが反応するのです。

応用すれば、施術室が清潔に清められているだけで、それだけで、施術の効果は格段にアップするということですよね〜、これは。

これを見てからは、うちのお店は施術のベットは、大きいバスタオルの上に、使い捨ての紙のディスポのシーツを敷いているのですが、お客さんに、施術ベットにのってもらう前に、すっ〜、すっ〜と皺をのばすようね、丁寧に、丁寧に、シーツを掃き清めることにしました。

すると、なんとなく、以前より、施術効果が高まったような気がするんですよね〜。
posted by わくわくやじうま隊 at 18:39| 宮城 ☀| Comment(1) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

でっかい鮭がとどきました

本日、ありがたいことに、気仙沼の漁師さんから、でっかい鮭がとどきました。

いや〜、本当にでかいんです。新巻鮭みたいに、でかいんです。

それに、目もランランと輝いた、生の鮭です。

思えば、生の鮭って、食べたことがありそうで、実は食べたことってなかったような気がします。

なんたって、尾・頭つきのまるごとです。こりゃ、なんたって、さばかなくちゃいけません。

頭をおとして、腹をさいて、はらわたをとりのぞいて、血合いの部分を洗って、、という作業を進めました。最初は三枚におろして、なんて考えたのですが、でかくて、そんなことできやしません。尾の部分だけ三枚におろし、あとは、出刃包丁で、ドツン、ドツンと輪切りにしていきます。

さあ、試食です。尾の三枚におろした部分をさっそく、本日の昼飯に、岩塩パラパラで焼かせていただきました。

皮の部分をカリッとやきたかったので、皮の面に十分火を通して、焼きます。

いや〜、ウマイんです。身はホクホクで皮はカリッ!岩塩との相性もバッチリです。

その、身がなんと申しましょうか、まるで、鳥のもも肉のような旨みとジューシーさなんですね〜。

鮭を食べて、こんなに、ムチッとした旨みのあるものなんて、これまで、記憶がありませんね〜。
新鮮ですから、臭みなんてもちろんありませんし。いや〜、鮭でこんな味ってありなの〜!そんな驚きの味でした。

昼の塩焼きがおいしかったので、今晩は、これから準備をするんですが、鮭の鍋でいってみようと思います。昼に食べた記憶が残っているので、それはもうバターをたっぷり溶かしこんだ、バターしょうゆ味の鮭の鍋でいってみようと決めました。

これは、もう、絶品にちがいありません。

ああ、腹がへってきた。さあ、ちょっくら、買出しにいってきますね〜!

ごちそうさまで〜す。気仙沼の漁師さん!
posted by わくわくやじうま隊 at 17:51| 宮城 ☔| Comment(6) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

姫チャン登場!

嬉しいですね〜。

本日、盛岡に、なんと、姫チャン登場!うちのお店に遊びにきていただきました。

嬉しいです。師匠に立ち寄っていただけるなんて。

本日、盛岡で打ち合わせがあり、次の打ち合わせまで時間が空いたので、立ち寄っていただけました。

ゆっくり、「お茶でもしようかな〜」と思っておりますと、「お願いしますよ」ということで、恐れ多くも、恐縮しながら、施術させていただきました。

施術半分、施術者と患者さんがチェンジして教えていただくこと半分、そんな施術となりました。そう、まるで、マンツーマンの講習会みたいな感じです。

いくつかの、私の勘違いの施術があり、訂正していただきました。ありがたいことです。

マンツーマンで教えていただきましたので、「料金なんていりませんよ」という、私を「プロなんだから」といって、施術料まで置いていってくれました。

お断りしたのですが、「師匠からの心づかい」ということで、ありがたく、頂戴させていただきました。

本当にありがとうございます。

盛岡に出張の折は、師匠のみなさん、ぜひ、うちのお店にあそびにいらしてくださいね〜!

*盛岡で一番デカイうちの看板を見て「おもったほど、大きくないね〜。やすらぎさんのはもっとデカイよ」と申しておりました。そりゃ、ホントにデカイにちがいない!
posted by わくわくやじうま隊 at 16:57| 宮城 ☁| Comment(1) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EFTイントロ講座

えがお講師のEFTイントロ講座のご案内です

日時:10月3日(日)12:30〜15:30
場所:PARM−CITY1315階会議室 5B
 仙台市青葉区一番町3丁目-1-16(土屋不動産)
定員:20名
受講料:5,000円(再受講3,000円)

お申し込み:EFT-Japanホームページ
または直接サロンにお問い合わせくださいませ。
らくらく操体サロンえがお



posted by わくわくやじうま隊 at 11:06| 宮城 ☁| Comment(0) | コーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

「三軸操体 早わかりベクトル図」

昨日の操体講習会で酔いどれ荷風さんが
「三軸操体 早わかりベクトル図」というのを考案し、
それを制作、一組7ページを20部程プリントアウトして
盛岡から担いできてくれました。
それを参加者のみなさんにプレゼントしてくれました。

私もさっそく今日見せていただきました。
最初、なんだかよくわからなかったのですが、単純に
そのまま見て読むだけでいいことが判明しました。(^^)
うまいこと考えたなーと思いました。
たいしたもんだと思います。

ただ、せっかくなので注文です。
2軸目と3軸目の動きを連続させることと、
3軸目の動きは少しでいいことが矢印の大小などで
表現されていたらもっと素晴らしいですね。(^^)
さらなる研究に期待いたします。(^^)
posted by わくわくやじうま隊 at 18:58| 宮城 ☁| Comment(6) | コーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

ドクダミ

今年の6月、ウチの庭というか畑のドクダミをとって
乾燥しました。
今日それを初めてドクダミ茶にしていただきました。
それがなんと抜群にうまい!。(*^^*)

ドクダミ100パーセントの漢方薬です。(^^)
19日の操体講習会の時にみんなにご馳走します。

からだのドクがなくなってきれいになります。(^^)


以下「炭の効用」(コーン記)より抜粋
灰のことをアクともいうが、植物の渋みなどを取ることを
アク抜き(灰汁抜き)といって、昔のアク抜きは水に灰を
入れてやっていたのだ。
アク(灰)をもってアク(悪)を制すなのだ。
漢方薬の原理と同じだ。

話が脱線してしまいそうだが、昔の漢方薬というのは煎じ
薬のことで、有名なものにドクダミがある。
生の葉をもんで皮膚のおできにつけたり、鼻の穴に入れて
蓄膿を鼻水にして出して治したりした。

ドクダミのドク(毒)が体内に滞ったドクを導き、ウンコや
おしっこや汗と一緒に体外に出してくれるのだ。

ドクを飲むというと、ドクが体内に入ってしまうと思って
しまうが、口から肛門までの消化管の内壁は外界と接する
体外なのだから心配ない。正常な内臓機能であれば、その
へんのことはちゃーんとうまいことできていて、必要なも
のを血中に取り込み、不要なものは、外へ捨てるようにな
っている。
ちゃーんとありがたくできているのだ。

しかし、内臓の働きが弱っていたり、食べ過ぎたりしてい
ると、ドクがたまりすぎて捨てきれなくなる。
そんなとき、そのいらないドクを外に引き出す手助けをし
てくれるのが、ドクダミのドクなのだ。
だから、安心してドクを飲んでいいのだ。

やっぱり話が脱線してしまったが、簡単に言ってしまえば、
ドクをもってドクを制す漢方の薬理とは、こういうことだ
ったのだ。
posted by わくわくやじうま隊 at 13:37| 宮城 ☔| Comment(6) | コーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。