2010年09月13日

般若身経

操体において一番大切な動診。よほどの事情がないかぎりこれで現状分析します。

そして何より大切な自分にしかわからない感覚を聞き分ける為に必要である。

また、施術をしていく際にもなくてはならないものでもある。

今までちゃんとやってこなかったので、深く聞き分けることをしている。

わかった!と思った瞬間、またスタート地点に立ってしまう!実に面白い!

最近 直立して立つ ということから深く内観し始めたら意外な気づきがありました。

体の原動力に出会いました。

でもまたスタート地点になりました。

おかげで、体の歪みの偏見が自分に対しも他者に対しても、感覚で取れてきました。

そして、当たり前と思っていること、わかっていること、そうだと思っていることに、もう一度問い掛けてみることの大切さを知りました。
般若身経って、自分自身を振り返るには一番良い聞き分ける方法だと改めて思いました。

本当にそうか?自分…

本当にそれでいいのか?自分…

と、何度となく自分に問い掛けてみるっていいもんですね!
どんどん自分が磨かれていくようで…


今日 半身麻痺のノズちゃんが、素晴らしい言葉を発してくれました。

腰を介した動きを聞き分け、全身で味わった時

気持ち良さはありますか?と聞いたら

とても幸せです…

と言われました。

考えたのではなくとっさに出た言葉でした。

こっちが幸せになってしまいました。
posted by わくわくやじうま隊 at 00:34| 宮城 ☔| Comment(2) | ゆう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

三軸操体法マル秘資料

今月の「操体法講習会」出席の際のてみやげにするための、「だれでもわかる三軸操体法」の資料づくりをはじめました。

コ〜ン先生!今月も出席しますよ〜。よろしくお願いしま〜す。

はじめは、フリーハンドでもいいや!と思っていたのですが、あとあとのことを考えると、これは、やはり、パソコンでつくるべきものだな、と判断しました。

だって、噂が噂を呼んで、このマル秘資料欲しさに、闇値がついて、私は巨万の富を手にすることができるかもしれないじゃないですか!フフフ、、、。

それだけ、この三軸って、訳がわからんわけです。

思いたってからが大変です。なんといっても、ワードを使っての、図の描き方がわかりません。やったことないんですもん。これまで、製図機能なんて、覚える気も使うつもりもなかったのですから。

そこからの、はじまりです。

まあ、なんとか、なりそうになってきました。

パソコン使いというのは、なんとかなるもんですね〜。

それと、困ったら、その用語を検索にかければ、たいがいのことはネットにのっているということです。

これも、なんとも、驚きです。まあ、そんなパソコンの使い方も知らなかったということですけどね〜。

まだ、やっと1ページの雛形ができたばかりですが、なんとか、間に合うと思われます。

何ページの資料かって?フフフ、、巨万の富ですよ。

たった6ページです。図だけです。ああ、注を5行ほどつけくわえますんで、
総ページ7ページの予定です。

さあ、「三軸操体法」でザック、ザックと巨万の富だ〜!
posted by わくわくやじうま隊 at 14:55| 宮城 ☁| Comment(3) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

秋に向けての生活の仕方を変更

息子がとうとう95キロになりました!

1ヶ月で7キロの減量に成功!

母子ともに頑張りました!といっても食事制限をしたわけではなく、体の要求に従いながら過ごしただけです。
私も少し痩せました。
娘もフルべジジュースをのまないとイヤみたいです。

さて、そろそろ秋冬に向けて、生活の仕方を変えた方がいいよって体が申しております。

まず、よく眠ること。夏の疲れがたまっています。気温が下がりホッとすると、病気になりやすく、体調が狂いやすくなります。

そこで、フルべジジュースの内容も変更したほうが良いなぁと感じ、まずは、基本にリンゴとなしを加えることにしました。あと、水菜が出てきましたね!それから、サツマイモ、秋の味覚を足して、ゆっくり変えていきます。かなり体力消耗してますから。

それから、今流行りの食べるラー油!これも作りました!だって一瓶400円します!それもちょこっと!2.5倍はつくれます。

これでスタミナ不足を解消しようかと。
それから、食欲が増しますので、ここをどうクリアーするか。でも、考えれば大当たり前の要求だなと思いました。

これもじわりじわりと変更していきます。

せっかくここまでやってきたので、更に前進します。

何より息子たちの為。

ドカぐいしなくなったので、食費もシェイプできます。

楽になりました。

もう少しコンパクトにできるとよいです!

まずは早寝早起きから変えていきます!
今日の名古屋は、日差しが少し優しいようです。


昨日友人と日帰り温泉行きましたが、海風の気持ち良かったこと!

今度は泊まりでゆっくりしようね!と約束しました!

さてさて、今日1日の食事作ったから、ホームページの作成をはじめます!

プルさん、出来たら連絡しまぁす!
(^o^)/そんときゃよろしく!
posted by わくわくやじうま隊 at 07:43| 宮城 ☔| Comment(1) | ゆう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

名古屋は39度!

暑い!暑すぎます!この温度は、クーラーしてても体がだるいのです!何故かというと、蒸し暑いからです!

どっかで炎上してるんじゃないかと思う位!

今 地震もありました!グラン!!と揺すりました!あんまり暑いので地面も怒ったのかしら…

なのに、この暑い最中、家中大掃除し、クーラーのない京都フォーラムに出かけ、その日に四歳の双子と小3の坊主を預かり、次の日に名古屋港水族館へ出かけ、遊園地でも遊び、休み明け一週間美容室が大忙しで、明日はタイから帰国中の親友を連れて日帰り温泉へ出かけます。
あっ!今 また救急車が。

毎日何度も通ります!

ところで、おチビ達を抱っこしてたら、ミシッ!といって右肘が痛くなりました。こんなことは初めてです!

やっぱり子育ても日々体が作られているから、引退した私にはチト過酷だったような…

首が悪くなり背中が痛み、左足がつりました!

でも、これスッゴい学びですよね!

歪みの連動が一発で見えてきます!

痛いですけど…

お馬鹿にはお馬鹿の学びの経験をさせてもらえます。

感謝です。
posted by わくわくやじうま隊 at 22:26| 宮城 ☁| Comment(3) | ゆう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胃にはキャベジン

ご心配をおかけしました。
胃の調子はもう大丈夫です。

ですから、本日もまた、ビールを飲んでいます。
もちろん、冷えひえのビールです。ハハハ、、

胃にはキャベジン。
ソウデス、むしょうに、キャベツを食べたくなりました。
キャベジンなんて、しょせんキャベツのエキスのよせあつめです。
キャベツを食べればいいだけです。

キャベツといえば、それは、もちろん、キャベツと豚バラ肉のスパゲッティーです。

早速、つくることにしました。もちろん、ビール片手にね、、。

まず、ニンニクをスライスします。この作業が実は一番めんどうくさいんですね。
皮をむいて、5ミリくらいにスライスです。ニンニクは少々多めの方が旨みが出ておいしいですね。

このニンニクをオリーブオイルで中火でふわ〜んと「きつね色」になるちょっと手前までいためますね〜。これが、スパゲッチティーづくりのポイントです。

そしたら、豚肉をいれて中火で火を通します。さらに、白ワイン、まあ、ない時は、うちも白ワインを飲む習慣はないんで、代わりに、酢をジャブジャブといれて煮詰めます。

あとは、スパゲッティーを茹で上げます。その塩味のきいた、煮汁をフライパンにいれて、豚肉と酢に塩味を加えるわけですね〜。そして、フライパンをゆすりながら、オリーブオイルと塩味をトロ〜リ、トロ〜リとまろやかに、まぜあわせてあげるわけです。

さあ、みなさん、よだれが出てきましたでしょう?そう、スパゲッティーも茹で上がりましたよ〜。
それでは、そのスパゲッティーをフライパンにいれて、もう一度、香りをだすために、オリーブオイルをジャブ〜とふりかけて、あえますね〜。

おお〜できあがり!豚バラ・キャベツのスパゲッティー!

明日は日曜日、豚バラ・キャベツのスパゲッティー、これで献立は決まりですね。
ああ、私はいま、土曜日に、食べてますけどね。もちろん、ビール片手に、酔いどれながら、、、。

posted by わくわくやじうま隊 at 00:00| 宮城 ☁| Comment(2) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

胃がシクシクと痛みます

昨日、昼から胃がキリキリと痛くなりました。

「なんなんだ、これ〜。何か変なモノでもたべたっけかな〜」と思いめぐらしました。何も心当たりはありません。

胃を触ると、ゴリゴリとして、硬くなっています。痛いんです。

「ああ、そうか!」と気づきました。

昨日も暑かったんです。そして、おいしい、冷たいお茶の作り方もわかりました。キンキンに冷えた「仙人秘水」でお茶をつくり、グイグイ飲んでおりました。胃まで冷えた感じもありました。

そうです。冷たいお茶をがぶ飲みしたために、胃が冷えてしまったのです。臓器も冷えれば、血流が悪くなり、組織が硬くなり、収縮したにちがいありません。さらに、胃が冷えてしまい、血流が悪くなり、キリキリと痛んだにちがいありません。

せっかくの、おいしいお茶も冷やしすぎたり、飲みすぎたりするとこのザマです。

一晩、胃の痛みを抱えてねむれませんでした。胃を温めるために、お手当てをしながら、ジット丸くなっておりました。朝方、やっと、ウトウトできましたら、ようやく、痛みはきえました。

やれやれです。

ですから、本日、口にしたものは、玄米のおかゆと果物だけですね〜。まだ、チョット胃の調子がわるいんで、本日の食事はこんなもんにしておきましょう。

冷たいお飲み物には、みなさん、気をつけましょうね〜。

若いころは、こんなことは、なかったのにね〜、、、。
posted by わくわくやじうま隊 at 09:55| 宮城 ☀| Comment(2) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

こんなお茶の飲み方どうですか〜

やすらぎさんのレポートがおもしろすぎたので、
書き込みがフリーズしてしまいましたね〜。
これ、やってみます。立位で三軸の検査をして、
「ほらね〜」なんて、練習したいとおもいますね〜

ちなみに、今月の講習会には、私が解読した、
「その場で使える、その日から使える、三軸操体、早わかりベクトル表」を
ご持参しますので、お楽しみにしてください。

さて、まだまだ、暑い日がつづいております。

新しい「お茶」の飲み方を開発しました。
「お茶」を飲むのが、なぜ嫌かともうしますと、
それは、、、「お湯をわかすのがめんどうくさい」。これです。

これを解決しました。
ゴルフボール状になっている、茶漉しというのをみつけました。
300円くらいのもんです。

この茶漉しのなかに、お好みのお茶の葉っぱをいれるわけです。
私は好みで、ドクダミ茶と玄米茶を適当にブレンドしていれます。
この茶漉しを大き目のグラス、私はビールジョッキですが、
そして、コ〜ン先生おすすめの「仙人秘水」をジャブジャブとそそぎいれるわけです。

「は〜い、できあがりです」。これだけです。

お茶って、お湯を沸かさなくても、飲めるんですよね〜。

「これ、みなさん、知ってた?知ってた?知らなかったでしょう〜!」。

試してみてくださいね〜。

なんで、こんなこと始めたのかって?

この暑さで、夜にビールばかり飲んでいて、すっかり、毎日、酔いどれていますんで、
ここらで、かわりになる、何か「オイシイ」飲み物はないものかしらね〜と模索しておりましたから、、、。

けれども、日中は、「お茶」でも、夜になると、やはりビールの誘惑に負けて、また今夜も酔いどれしまうわけだ〜!
posted by わくわくやじうま隊 at 11:39| 宮城 ☀| Comment(2) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

とまとさんのナイスなリアクション

さて、続きです。


次に左腕はどうしたいのかな?と、
とまとさんの左腕に問いかけました。


とまとさん自身は半年もあれこれ試行錯誤してもダメだったのですから、
とまとさんの頭に問いかけても答えは出てきません。

とまとさんの体に教えてもらうのです。


前腕をねじったら気持ちよかったので
そのまま味わってもらいました。


ねじりの方向は忘れましたが、
もう少し詳しく書くと
皮膚をねじりながら、ちょっとだけ押し返してもらいました。
肩関節や肘関節に対して圧迫するような感じでした。


なぜそのようにしたかといえば、
これは皮膚を通して伝わってくるテンションの釣り合いから
そのようになりました。


体の細胞が望んでいる刺激を感じられるように
うまくテンションをつり合わせます。


頭でわからなくても、体はちゃんとわかっていますから、
適切な問いかけをすれば適切な答えが得られます。


その状態で数十秒味わって


それから左腕を挙げてみると
さっきよりさらにスイスイと挙がるようになりました。


トマトさんは再びナイスリアクション。


「あれぇえぇ〜〜〜!!!あれぇえぇ〜〜〜!!!」


こんなにいいリアクションをしてもらえると
自分がうんと上手になった気分になれます。
ありがとうございます。



以上でレポート終わります。
タグ:操体法
posted by わくわくやじうま隊 at 13:03| 宮城 🌁| Comment(2) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

ビフォー&アフターの変化と感動の関係

治療や施術において
より大きな感動を味わっていただくためには

ビフォー&アフターの変化を
しっかり体験していただくことが大切です。




まずはビフォーがどんな状態なのか
きちんと現状の検査をします。




正座しているとまとさんの背後に回って
肩関節の可動域をチェックしてみました。

右腕はすーっと挙がって腕が耳につくのに、
左腕を同じように挙げてみると
水平から15度くらい挙がったところで
肩関節周辺が痛くてそれ以上挙げられません。


もう半年くらいそのような状態だそうです。
自分でもいろんなことを試してはいるが、
なかなか良くならないのだそうです。



次に脊柱のねじれをチェックしました。

正座したまま上半身を左右にねじってみると
左は楽にねじれるのに、右にねじるとかなりきつそうです。


これは肩とか腕を何とかする前に、
背骨を何とかしたほうがよさそうだな、と思いました。


ちなみに、骨盤や脚のほうは、
さっきアヒルのカイちゃんと一緒にカエル足とかやっていたので、
上半身のねじれに対して、三軸操体をしてみました。


右ねじりがきついので、

左ねじり+左肩下げ+前屈
と合成しました。



2つ目の動作に左肩下げを選択したのは
左腕を挙げるのが嫌だったので、下げる動作をしました。
三軸操体を理解している方はおわかりでしょうが
3つ目の動作は自動的に決定されます。


この方程式をしっかり覚えて
臨床で使いこなせるようになるのに
私は3年くらいかかりました。


でも真面目に取り組めば一ヶ月もすればできるようになると思います。


頭の中で、軸の回転とベクトルの発生と
ベクトルの合成を自由にイメージできるようになると
かなり対応できる幅が広がりますが、
まずは得意なパターンから丸暗記していってもいいでしょうね。



さて、

左ねじり+左肩下げ+前屈


の姿勢をとったとまとさんはとても気持ちがいいと言いました。
さらに私は、とまとさんの背中から腰にかけての皮膚にアプローチしました。

三軸操体&皮膚操体の合わせ技です。

私は多次元操体などと勝手に名前をつけて
数年前からあれこれヤジウマしています。


三軸操体&皮膚操体

これは単独の三軸操体よりも
非常に気持ちよさと充実感が高まります。
(うまくやればですが)


とまとさんは味わい上手で、
とても気持ちよさそうでした。
数十秒味わってもらいました。


気持ちよさが薄れたところで、
もとの姿勢に戻りました。



それで、再度左腕を挙げてみました。


そうしたら、


「あら!!!挙がる!!!」


さっきは肩が痛くて引っかかって挙がらなかった腕が、
耳までくっつくくらいにすーっと挙がったのでした。


「あら〜〜〜!!!え〜〜〜!!痛くな〜い♪不思議〜〜〜!!!」

とまとさんのナイスなリアクション♪♪♪
ありがとうございます。


この仕事をしてて嬉しい瞬間の1つです。


また若干痛みは残るものの、
半年間、挙がらなかった腕が
真上まで挙がるようになったのでした。

ここまで所要時間1分弱。



さらにもうちょっと操法は続きます。
そのうちまた書きます。


つづく・・・
posted by わくわくやじうま隊 at 17:45| 宮城 ☀| Comment(2) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半年くらい前から肩が挙がらないのよ〜

さて、その後とまとさんが、

半年くらい前から肩が挙がらないのよ〜

という話になりました。


その瞬間、どういうわけか
ここは私に任せて♪
という気持ちになったのです。



たぶんお仕事モードに入っちゃったんでしょうね。


日頃の私の仕事スタンスとして

なるべく短時間で
なるべく少ない刺激で
なるべく少ない種類の操法で
大きな感動と満足感を導き出せたらいいなぁ


ということを毎日意識しながら仕事をしています。


普段仕事をしているときの
そういう意識の状態に入っちゃったんですね。


私に任せて、と言っても
私が治してあげるよ、という意味ではありません。


「私の提案を試してみてね♪」

という感じです。


さて、これから実際に何をしたのか書いてみますね。

つづく・・・
posted by わくわくやじうま隊 at 13:49| 宮城 ☁| Comment(0) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アヒルとトマトとカエル足

先日の講習会レポートです。

最近は、EFT練習会のように、
操体講習会でも三人一組で実技の練習をすることが多いです。
今年の頭あたりからそうなりました。実際とてもいいかんじです。

操法をする人、される人、観察する人。
観察する方もされる方も共に学べます。


7月から参加されているとまとさんと、
アヒルのカイちゃんと私と3人で組みました。

とまとさんもアヒルちゃんもコーン先生のところへ患者さんとして行って
それから講習会に参加されるようになった真面目なヤジウマさんです。


私は家から近いからと遊びに行ってるフトドキモノです。


最初、アヒルさんがとまとちゃんにカエル足とかやりました。
アヒルさんは丁寧にお手伝いしてて
とまとさんもとても気持ちよさそうでした。


「アヒルとトマトとカエル足」

なんか映画のタイトルみたいでかっこいい。


つづく・・・
タグ:操体法
posted by わくわくやじうま隊 at 13:34| 宮城 ☁| Comment(0) | やすらぎの杜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

この日の秘め事

実は、この日は、まだ書き記していない、
この日参加しなかった人には秘密にしておきたい
秘め事があったのです!

なんと、この日、参加した皆さんの前でデモンストレーションを披露したのは、
なんと、なんと、操体法歴「半年」の、私、「酔いどれ荷風」でございました。

いや〜、秘密にしておきたかったんだよな〜。

コ〜ン先生はじめ、師匠のやすらぎさん、SONICさんを前にしてのデモンストレーションなんてもう、
冷や汗タラタラ、、、。

スナックに行って、カラオケをまわされて、歌いたくもないのに、「歌えないから〜」なんて拒むと、その場の空気が白けてしまうのと、同じで、コ〜ン先生のご指名をうけたからには、「いや、私はまだ、まだ、未熟者ですから、とても、とても、皆さんの前で施術を披露するなんて、とても、とても、、、」なんていってられません。

いや〜、何をやったのか、思い出そうにも、まったく記憶にのこっておりませんな〜。ただ、患者さんが、ギターを背にした、Sくんだったということだけです、、、。


SONICさんに言われました。「いや〜、眉間に皺をよせて怖い顔をしてやってましたね〜」

いやいや、ホントに、そんな施術でした。「この講習会、時々、試験あるから〜」なんて、コ〜ン先生に言われながら、、、。

当初の予定では、Sくん、「腰がチョット〜」なんといってましたので、その指し示している部位が、殿筋かまたは、腸腰筋のトリガーポイントの関連痛でいけそうな部位でしたので、こちとら、「しめしめ、コ〜ン先生の技を盗みとることができるぞ」と喜んでいた、そんな矢先のご指名でした。

これが、この日、講習会に参加されなかった皆様には隠しておきたい、秘密にしておきたい、秘め事でございました、、。
posted by わくわくやじうま隊 at 20:19| 宮城 ☔| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月22日勉強会

酔いどれ荷風さんの記事に
連動しまして
先日勉強会に参加させて頂きました
カナコRoomです

お尻を
プリッとさせたいものの

お尻の平べったさは
【家系】で

骨が出ているのは
【鼻が低いみたいなもの】
と思って諦めておりました

自分では何が起きているのか分からず
どこの治療院に行って聞いても
笑われて終わることが多かったので
放置!

ただ、以前
外科医から整体師になられた方には

『肛★から指を入れて骨を…』

そんな説明を受け
命に別条はないため
素直に受けることができず
今に至った仙骨などを
先日先生方に調整して頂いたのですが

上がり辛くなっていた
左足は楽に上がり

ずれて前に出ていた左膝も
右と同じ位置になりました

軽快に帰った当日の夜
身体が熱くなり
3時くらいまで眠れませんでした

ただ、変化を感じていたため
そのこと自体に不満を思うわけでは
もちろんなく
(身体って変わるものなんだ)と
しみじみと噛みしめておりました

その後、私の痛みのある部分は
日に日に変わりまして
今日あたりから痛い部分はなくなり

ずっと悩んでいた腰痛が!!!

消えました。

幸せです
とても幸せです

今回個人的に理解したことは
ふわっと持つなどの
【加減】です

操体の勉強会に伺い始めて
まだ5回目ですが
施術のみならず

自分の思い込みが作る
人間性でしたり

場の雰囲気は
人が作るということ

痛みの場所に
焦点を絞らないこと

皆さんのお話の展開の面白さや笑顔

そして、女性として憧れるのは
足振動の大師匠と
今朝のメールのとまとさんなど
奥様方のお話だけではない
とても上品で柔らかい感じです

話は戻りますが
まさか勉強会に参加して
身も心も元気になれるとは
半年前には予想できませんでした

操体法のみならず
場を作って下さっている今先生や皆様に
とても感謝しております
posted by わくわくやじうま隊 at 20:08| 宮城 ☁| Comment(2) | カナコRoom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

まだまだ、続きますよ〜

まだ、続きます。

師匠のSONICさんに全身の整体をやっていただきました。

基本の操体法の膝倒しです。

まず、第一にSONICさんの手の添える位置がちがいます。
膝のてっぺんではなく、もう、ほとんど、「ふくらはぎ」の真ん中です。

ゆっくり、快の方向にたおしていきます。その時です。SONICさん、なんと、「ふくらはぎ」にねじりを加えたのです。「おお、なんだ!」と思ったのですが、これが、また「ぐわ〜ん」と全身にねじりがきて、なんとも気持ちが良いのです。

そんな、感想をSONICさんに伝えますと、「これは、この間、やすらぎさんが、ウチにきていただいた時に、ねじってほしい、といわれてやった技なんだ」と教えてくれました。うん、これ気持ちいいですね〜。

先月は「仙台のトトロ」先生に、膝倒しの際の、膝を止めるポジションいついておしえていただきました。そのポジションとは、それまで、私は可動域の最大の一歩手前あたりかな〜、という感じだったのですが、「倒しながら、全身がゆるむ、ポジション」ということを教わりました。SONICさんも、ポジションは同じです。そこに、「ふくらはぎ」ねじりを加えるのです。

すると、足首の内反、外反も一気に加味されますもんね〜。

こんな基本の操体法ひとつとっても、こまかいところに、みなさんのチョットしたアイデアが盛り込まれています。なんとも、スゴイ講習会です。

なんとも、残念だったのは、SONICさんの施術をうけていた関係上、そのわきで、やすらぎさんがあがらない腕?肩?を瞬間芸で治してみせた現場を観察できなかったことが、悔やまれます。操体法の施術というのは、もう一回アンコールという、再現がほとんど、不可能ですからね〜。
posted by わくわくやじうま隊 at 18:01| 宮城 ☀| Comment(2) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

続きですよ〜

それでは、続きです。

患者さんは、スリムで美しいK嬢です。
K嬢が申しますには、だれもがあこがれるスリムな「お尻」ではなく、
プリンとした「お尻」になりたいのだそうな、、、。

師匠のひとりSONICさんの指導をうけます。
前置きの段階でトリガーポイントについて口走っておりましたので、
SONICさん「トリガーでいってみるか」ということになりました。

触診してみますと、明らかに、仙骨の2番目あたりが、とんがったようにでっぱっています。
骨の変性といえばそうでしょうが、トリガーで説明するなら、トリガーポイントにはっぱられて、骨がでっぱってしまった、という説明もできると思われます。

左の大転子の上、周辺にかなりガンコなコリがあるようです。K嬢もその自覚症状が以前からあっったようです。納得しておりました。このコリをほぐすことで、仙骨のでっぱりが良い方に向かえばメデタシとなるわけです。

SONICさんが左足を動かしながら、コリがリリースされるポジションをききわけていきます。

そこで、コ〜ン先生も、おもしろそうだな〜とばかりに、参戦です。
左足ばかりか、右足も、どちらも、完全に屈曲、お尻につく格好になり、さらに、右足と左足がクロスするようになり、「こんなの、アリ〜」と観察しておりますと、このポーズが「快」ということで、味わってもらいます。ともかく、「快」の方向をさぐって、「こんなの、アリ〜」の連続です。

どんな動きであったか、本日はもう、忘れております。けれども、ひたすら、「快」の方向をさぐっていきました。

一息いれながら、コ〜ン先生「しりもちとかついたこと、あるの?」と、問いかけます。K嬢、すかさず、2度ほど、転んで、強く坐骨を打ったことを、伝えておりました。原因はそれのようです。強く打ちすぎて、坐骨ともうしますか、骨盤ともうしますか、そこが、ツマッてしまったにちがいありません。そんなことまで、お見通しになるとは、なんとも千里眼です。

「骨の操体だな」とコ〜ン先生。もう、な〜んでもありです。

いや〜、操体法の奥はふかい!間口は広くて、千客万来、来るものは拒まず。けれども、その奥は無限にはてしないですな〜!
posted by わくわくやじうま隊 at 16:30| 宮城 ☀| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

やはり「酔いどれ荷風」です

やはり、口火を切るのは、私、「酔いどれ荷風」をおいてほかにはありますまい。

月光さんからのリクエストです。今月の講習会のレポートということです。

今月の講習会、こちらも、口火をきったのは、何でも知りたがり屋の私、「酔いどれ荷風」でございました。

最近のマイブームが殿筋のリリースです。知ったかブリをしますと、殿筋、要は、お尻の筋肉ですが、大殿筋、中殿筋、小殿筋ときまして、その下に外旋6筋のうちでも梨状筋とつづきます。

これを上手にリリースできますと、なんと、下肢症状、坐骨神経痛が治ってしまうわけです。こんなことは、もう、この講習会に参加している皆さんにとっては、口には出しませんが、もう常識になっているわけです。

だって、私は、先輩の方々から参考文献を教えていただいたのですから。それまでは鍼灸学校で習った、「腰椎の損傷モデル」の学説を採用していましたからね。「損傷モデル」でいきますと、坐骨神経痛は「治らない」ことになってしまうわけですからね。

それで、ここずっと、殿筋のリリースを考えていて、そのひとつが、大殿筋のリリースだったわけです。基本の操法を考えると、あ、思いつきました。そうそう、「操体法の実際」にありましたもんね。

うつ伏せで、お尻をチョコンと上に上げるというやつです。これ大殿筋の働きである、太ももを背中のほうに伸ばす、伸展する動きの逆ですから、これは大殿筋のリリースです。

もうひとつ思いだしました。コ〜ン先生の「仙台講習のDVD]です。これまたうつ伏せから、膝を曲げた状態から、伸ばすんですね〜、そこからさらに、太ももから、お尻までぜ〜んぶ浮き上がります。おお、これも大殿筋のリリースだ。と考えながら、当日、講習会に望んだわけですね〜。

ところがですね〜。コ〜ン先生、そ〜んなこと、ぜ〜んぜん、やらないのですよ!きっと、もうそんなこと、やりすぎて、飽きちゃってるんですよね〜。いや〜スゴかったです。

と、いうことで、前置きだけで、終わりにしておきましょう。

それでは、この続きは、また、あした。

ああ、この、書き込みへの、ツッコミもおおいに、ありですよ〜。宜しくお願いしますね〜。
posted by わくわくやじうま隊 at 23:29| 宮城 ☀| Comment(3) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつでも誰でも書いていいブログ

このブログですが、本日より受講生が
「いつでも誰でも書いていいブログ」になりました。

近況報告、情報案内、講習での感想、操体の体験など
自由に書いてください。よろしく♪。

posted by わくわくやじうま隊 at 07:35| 宮城 ☀| Comment(0) | 連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

秋の気配

まだまだ日中は暑いですが、日も短くなり、おとずれる秋の気配を感じます。

窓から見える田の稲穂も、随分と育っているようです。

山に沈む夕焼けの色も夏の色とは変わり、赤色から金色に近づいてきました。

私は秋が一年で一番好きな季節なので、少し楽しみです。


しかし考えてみれば、初めて講習会に参加させていただいたのは10月でした。

もうあれから1年近く経つと思うと嘘のようです。

どんな事が行われるのかという緊張や、親切に話しかけて下さった皆さんの顔もはっきりと思い出せるのですが・・・・・。
病気が悪化して12月に入院し、それっきりになってしまいました。

今日も講習会が行われていたはずなのですが、参加を遠慮させていただきました。

体のバランス、心のバランス、そして生活のバランスをもう少し回復させて、再び皆さんにお会いしたいと思っています。そのときにはまたよろしくお願いします。

一週間ありがとうございました。
posted by わくわくやじうま隊 at 19:37| 宮城 ☀| Comment(1) | よっさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

体が変化している

 今日は朝から腰が重く感じます・・・。

何でだろう?

昨夜、少しだけ拳法の練習をしたせいか?
布団の上で操体?をしすぎたせいか?
湿度のせいか?
食事のせいか?
気持ちのせいか?

考えてみてもなかなか答えが出ません。


いつものように膝倒しをしようとしますが、今日は反対側に倒した方が良い感じ・・・。

「ふーー。」「ぽきっ」
すっとしました。

逆の方向に倒して気持ちよく感じたのは、ここ一年ほどで初めてです。


「体が変化しているのかな?」
特に何もしていないのに、体は勝手に変化しているようです。



痛みの出る場所や痛みの質も、けして一定ではなくて、最近はばらばらです。

良くなってるとか、悪くなってるとか一概には言いがたいのですが、ただ変化していることだけはわかります。


そのときそのとき感じる原始感覚にしたがっていけば、ぐちゃぐちゃに絡まった糸がほどけるように、徐々に体調が改善されていくのではないかと思っています。




posted by わくわくやじうま隊 at 17:26| 宮城 ☁| Comment(3) | よっさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

生活に生かすこと

 私が体調を崩してもやめられない趣味の一つに「武道」があります。

道場での練習は当たり前として、自分の流派と違っても面白そうなビデオや本があると、ついつい手にとってしまいます。

さきほど手元にある武道関連の本の一冊を読み返していると面白い文がありました。ご紹介したいと思います。

「一射絶命」ケネス・クシュナー著

「弓道家が真に「残身」を会得しているかをためす試金石は、人生に失望したとき如何に対応できるかという点にある。

的を外したときに冷静でいられても。生活上の問題で挫けるようでは真の弓道家とは言えない。

同様に、的を外した原因は自分にあることを知って自己を省みることができても、道場の外で起きた生活上の問題を他人のせいにして非難するようなら、やはり真の弓道家とは言えない。」


考えさせられるものがありました・・・・。
私はこういうのが大好きです(笑)。


武道というのはけして道場だけのものではなくて、生き方そのものだと思います。たとえ技術が下手だろうと、生き方に上手に生かされているのなら、本当に素晴らしいと思うのです。
私が武道を好きだというのなら、「生活上の問題」で挫けるわけにはいきませんね(汗)。

同様に、せっかく縁があって操体法に触れさせていただきましたから、技術はそんなに上達しなくても「操体的な生活」が送れるようになったら素晴らしいと思っています。






posted by わくわくやじうま隊 at 21:09| 宮城 ☁| Comment(0) | よっさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。