2010年08月18日

体がやりたいようにさせています。

 私の手元には、「楽しくわかる操体法」の本があります。
その中の一人でできるところを本を見ながら何度か試して、今は体がやりたいようにさせています。


イスに座っていると、手が勝手に太ももの皮膚をずらし始めます。肩の皮膚をつまみあげてみたり、上体をくねくねと動かしてみたりし始めます。

呼吸は勝手に腹式の呼吸に切り替わっているようで、意識が内側に入っていきます。

布団に横になれば、同じように体が勝手に動き始めます。
膝倒し、つま先上げ、ねころび操体のような事を延々とやっているようです。

普段何も考えずに体まかせでやっていることが、本を読み返すと操体法の技術として載っていたりするのが面白いなーと感じています。

そうそう、最近「足の指をぎゅっと内側に丸める」ような動きが多くなってきました。私の本には載ってなかったのですが、これはいったい何の操体なんでしょうね?
本には見当たりませんでしたが、体が一生懸命やってるので何か意味があるんだろうなと思っています。
posted by わくわくやじうま隊 at 10:38| 宮城 ☁| Comment(2) | よっさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

膝倒し

私は左足の股関節付近に障害があるのですが、それに伴って背骨にも負担がかかっています。そのためか少し動くと腰に嫌な重さや痛みが残ります。
それをどうやったら無くせるか色々と試行錯誤していたのですが、今は「膝倒し」のようなものを使っています。
仰向けになって膝を立てた状態で、気持ちの良い方向に膝を倒していきます。この時に体の内側に力を入れて、少しずつ少しずつ倒します。そこから上体を気持ちの良い方向にひねり、瞬間的に脱力します。
すると、「ぱきぱき」という音とともに腰がすーっとして、楽になるのです。毎日何度も使うのですが、ほぼ100発100中で体が楽になるので重宝しています。
術後、麻酔で下半身が動かせなかったときは苦労しました。腰が痛くても足が動かないので膝倒しができないのです。
手術の傷跡の痛みなんか気にならないほど腰がいたい・・・。上半身をひねったり色々試しても効果がありません。痛み止めやシップも効かず、結局は麻酔でぼんやりした足を必死で曲げて膝倒しをしました。痛みが楽になり「ほっ」としたのですが、付けていた機械が外れてしまい病室中に警告音が鳴り響いてしまった思い出があります。



posted by わくわくやじうま隊 at 09:39| 宮城 ☀| Comment(0) | よっさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

はじめまして

 はじめまして、よっさん!と申します。

今回 飛び入りで参加させていただくことにしました。
どうぞよろしくお願いします。
posted by わくわくやじうま隊 at 12:53| 宮城 ☁| Comment(3) | よっさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

夏休み

このプログも今日が最終日となりました。今回は3回パスをしてしまいました。

今年度は私にとって挑戦の年でもあります。
「身土不二」ではありませんが自分で作った野菜を食べたくて畑を始めました。

知り合いに頼み10坪ほどの畑を借りてもらい、最初に種を蒔いたのは「ほうれん草」でした。

勝手がわからず買ってきた種を全部蒔いたら1ヶ月後にほうれん草がどっと出来上がり、

今度は食べるのが大変。夫婦二人の生活では食べきれない。

次に蒔いたのが「大根」立派な大根が収穫できました。

しかしこれも作り過ぎ、

近所におすそ分けしたが、畑の中で大根が腐ってしまいました。

昨日は「なす」を収穫。今夜は「麻婆ナス」を美味しくいただきました。

もう一つの挑戦は東洋医学の勉強を始めたことです。

京子さんが40歳のスタートと

書いていましたが、私は還暦からのスタートです。

仕事を早めに上げていただき仙台の学校へ通う、自宅に戻るのが23時40分。
翌朝は仕事へ出かける、毎日この繰り返しです。


物理的に時間がなく電車の中が勉強できる唯一の時間となっています。


私が東洋医学に興味を持つようになったのは橋本敬三先生に初めて会ったときからです。

ようやくそのときの夢が実現でき体力的には厳しいものがありますが楽しい毎日です。

コーン先生と出会い、操体法の奥の深さと技術より人間性を磨くことに気づかされ、幸せだと思います。


いつか私も社会にお返しが出来る日がくることを楽しみに勉学に励みたいと思います。

夏休みでこれまでの疲れを取らなければ・・・
一週間ありがとうございました。

                          操体ねこ





posted by わくわくやじうま隊 at 23:03| 宮城 ☁| Comment(1) | 操体ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

お盆の思い出

DSCN4271.jpg



二日ばかり休んでしまいすみません

年一度の娘夫婦のお盆帰省も慌ただしく今日帰京していきました
孫娘は赤ちゃんのときから可愛がってくれた猫の「ララ」とスキンシップで満足だったようです!


お盆といえば昔はどこの家庭でも「迎え火」を焚いていたものですが、最近ではあまり見られなくなってしまいました。

父が小学1年生のときに亡くなったので、子供の頃父が迷わないで家に来るようにと、真剣に木を積み重ねて迎え火を焚いたのをよく覚えています。

昨年秋に武道仲間として永年切磋琢磨してきた親友が亡くなりましたので、今年は初盆になるので墓参に行ってきました。

才能ある人ほど神様は早く呼ぶのか、「迎え火」を焚いて呼び、彼ともう一度話してみたいと思う今年のお盆でした。

彼を追悼するために来週は長年交流のある武術研究家の甲野善紀師範を招いて追悼合宿を行う予定、今その準備に取り掛かっています。

そのため操体法講習会は休みますのでよろしくお願いします。





posted by わくわくやじうま隊 at 22:10| 宮城 ☁| Comment(0) | 操体ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

猫の操体

孫がやってくるというので
畳屋さんに急遽畳替えをお願いをしていました

畳は猫達にとって最高の爪とぎ対象物なのです。
14匹の猫達に好き放題されている我が家です。

想像が出来るかと思います

その畳屋さんが今日きてくれました。畳を運ぶ後ろ姿がどうも変で気にかかったので「腰痛いの?」と聞くと

「最近寝返りもうてなくて朝起きるのがつらくて・・・来月から大きい仕事が入っているけど、どうしようかと思っています・・・」

との返事「そこに横になってみて!」と言い、膝裏の圧痛を探ったら、声をあげるほど痛がっていました。

三軸でやってみるか、と思いつつ基本操体を3〜4種類をしたら痛みが3分の一くらいになったという、隣で見ていた畳屋さんのおかみさんが

「不思議だ〜何もしないのに・・・」と感激してくれました。楽なほうへ多く動かすことをアドバイスしておわりました。


操体法は効果があるな〜と思った今日でした。





posted by わくわくやじうま隊 at 23:17| 宮城 ☔| Comment(0) | 操体ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

立秋も過ぎて


立秋も過ぎましたので「残暑お見舞い」になるのでしょうが
まだ暑いですね

金曜日から東京に行ってまして先ほど戻ってきました。
コ〜ン先生からの今日からリレープログの当番ですよ、とのメールを見まして

急遽パソコンに向かっています。
明日は娘と孫娘が帰省してきます

私以上に我が家の猫達が心待ちにしているようです
下の写真は2年前自分の孫でも寝かすように添え寝するララです。

大きくなった孫との対面がララとともに楽しみにしています


DSCN3206.JPG
posted by わくわくやじうま隊 at 00:18| 宮城 ☁| Comment(1) | 操体ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

風にふかれて

ギターの音がきこえてきた。

前奏がはじまる。
例のダミ声が歌いはじめる。

「どれだけの道のりを、その男は歩かなくてはいけないのだろうか?

一人前の男として認められるまでに」。

ボブ・ディラン「風にふかれて」の始まりです。

「そのこたえは、風のなかに、、、風のなかに、、、」

さて、酔いどれ荷風の荷風なんですが、
いわずと知れた、「ふらんす物語」・「永井荷風」からちょうだいしました。

この「荷風」、へんなペンネームだよな〜と長い間思っておりました。

あるとき、気がついたのです。

「荷風」の「荷」っていうのは、背負うっていう意味なんだな〜って。

と、いうことは、「風」を「背負う」。つまり、「風にふかれて」を和訳したわけだ!「荷風」とは「風にふかれて」という意味なんだ。これは、カッコイイ!いつかどこかで、使ってみたいな〜と、この「荷風」、大事にあたためていたわけです。

「酔いどれ」にするか「ほら吹き」にするか、大いに迷ったわけですがね。

いや〜、暑い、暑い、で、あっという間の一週間でした。

「ほら吹き」ですから、いつでも、このブログのピンチヒッターもうけたまわります。お声をかけてくださいね〜。

一週間お付き合いいただき、ありがとうございました。
posted by わくわくやじうま隊 at 12:32| 宮城 ☁| Comment(4) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

こころをばなににたとえん

「こころをば なににたとえん 
こころは あぢさいの花」(萩原朔太郎・こころ)

お料理話から、一転して、本日はポエジーの世界に突入です。

わたくし、花鳥風月とは全く無縁で、そんなものなど愛でるこころはもちあわせていないのですが、

なぜかは知らねど、「あぢさい」だけはこころひかれて、好きなんですよね〜。

わが家はまあ、中古の質流れの屋敷を15年ほど前に手にいれたのですが、その年の春に、その屋敷のまわりを、生垣代わりに「あぢさい」を15株も植えたものでした。いまではその「あぢさい」は身の丈をこえるほどに大きくなっています。

はなの咲いた「あぢさい」をこの季節ボ〜と眺めているのが、なんとも、「ここは、極楽だ〜」ですな〜。蓮の花ではなく、私の極楽には「あぢさいのはな」がさいているにちがいありません。

7月にEFTのイントロ講座があって、その席で先生の「仙台のトトロ」先生が、「この季節、いやなんだよね〜」なんて、お話をされました。

ところが、変人の私は、この、ムシムシと暑い、梅雨から夏にかけてのこの季節が一年で一番好きな季節なんですよね〜。

「あぢさいのはな」が咲き始める、この一ヶ月、毎日「あぢさい」に水をかけながら、「ああ、きょうは。良い日だ〜」とほ〜んと思うわけです。

そうそう、ですから、「仙台のトトロ」先生には、お庭に「あぢさい」を植えることを、お薦めいたします。梅雨の季節がそれは、なんとも素敵な季節に変わりますよ〜。

けれども、今年の「あぢさい」、この暑さで、なんか例年より花のできが悪かったような気がしますね。咲ききれなかった、といいましょうか、、。

「あぢさいのはな」には、おまじない、があって、近所のオババさんに教えてもらったのですが、「土用の丑の日に、あぢさいのブーケを赤いリボンで結んでつくり、一年間部屋の片隅においておくと、お小遣いには不自由しない」んだそうです。

私、特定の宗教ですとか、神社、お守りですとか、縁起物をすべて、拒否するんですけれども、この「あぢさい」の縁起物だけは、「よ〜し、それのった!」とばかりに、土用の丑の日のおまじないとして、毎年、ここ3年ほど続けております。

おまじないの効果ですか?毎月、仙台まで遊びにいけるのですから、上々としておきましょう。今年はもう、土用の丑の日は過ぎてしまったわけですが、「あぢさい」好きの方がいらっしゃったら、来年からでも始めてみてください。「あぢさい」もブーケが一年中部屋にあるって、なんか、いいよな〜と思うわけです。
posted by わくわくやじうま隊 at 13:09| 宮城 ☀| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

カツオのたたき

やはり、また、お料理話となってしまいました。

ここ最近、連続して、食べて、やはり、オイシイと感じたのは、カツオのたたきですね。

こんだけ毎日が暑くなってしまうと、どんな、生ものでも、どんなに鮮度がよくても、冷蔵庫から出した瞬間、いえいえ、スーパーから買ってきて帰ってくるまでの道のりで、その鮮度もなんか不安になってくるものです。

カツオはもともと、あんまり、刺身はすきではなくて、「カツオはカルパッチョだぜ!」と決めておりました。

ちなっみに、「カツオのカルパッチョ」のつくり方ですが、適当にトントントンと切ってお皿にならべるわけです。その上にやはり岩塩をパラパラット振るんです。ここで、ポイントは少々多いかなと思うくらいに、強めに振ることですね。そして、酢、(ものの本には、ワインビネガーとかいてありますが、味覚の鈍いわたくしは、酢とワインビネガーの味のちがいがわからないので、どちらでも良いと思いますね)をおおさじ一くらい、まあ、それよりおおくても大丈夫ですが、ふりかけるんです。さらに、イタリアンですから、オリーブオイルをまんべんなくふりかけます。

そしたら、岩塩と酢とオリーブオイルをなじませるために、カツオの身を指でペタペタとたたいてあげます。そのうえに、お好みの野菜をスライスするなり、ちぎったりしてのせれば、できあがりです。

この野菜にはたまねぎのスライスがすきなんですよね。

それで、「たたき」なんですが、これまで、「たたき」の際には、ニンニク、ショウガ、長ネギ、大葉をみじん切りにしてきざんで「たたき」の上にかけて食べておりました。「これが、究極の薬味だぜ」と思いながら、、。

けれども、この刻むのが、さすがにこの暑さでめんどくさい。けれどもタタキが食いたい。

あ、それ、やってみよう、とおもったのが、たまねぎのスライスのせです。

だから、前置きでカルパッチョを書いたんですね。

カツオを網焼きで、かるく焼き目をつけます。ああ、そのまえに、岩塩パラパラで味をつけてくださいね。

焼き目をつけたら、適当に切って、オニオンスライスをたっぷりのせて、さらに、「かつおぶし」と「きざみのり」をふりかけて、お醤油なり酢醤油なりをぶっかけて、食べちゃいます。まだ、切り身のホカホカとあたたかいときに食べるのがポイントですね〜。身がムチムチっとして、これはいけますね〜。なんたって、手間がはぶけるのがうれしいです。

こんなに、簡単に「かつおのたたき」ができておいしいのなら、なにも手間隙かけて、あ〜んな薬味をつくんなくてもいいや!ということにしてしまいました。もうガブガブ「かつおのたたき」をたべちゃいますね〜。火を通すので鮮度的にも安心じゃないですか。いいね〜これ。また食べようっと。
posted by わくわくやじうま隊 at 14:51| 宮城 ☀| Comment(2) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

決めのセリフ

あ、スミマセン。
決めのセリフを忘れておりました。

「この暑さで主婦をやめたいアナタ!
これは、そんなあなたのためのレシピです!」

*ニンニクもおいしいぞ〜!野次馬根性でやってみなはれや〜!
posted by わくわくやじうま隊 at 12:36| 宮城 ☀| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枝豆とトウモロコシ

やはり、昨日は、枝豆とトウモロコシできめました。

枝豆もトウモロコシも皆様、お湯で煮あげてはいませんか?

も〜と簡単で、オイシイ方法があるんです。

「蒸す」んです。蒸し器でただむせばいいんです。
蒸し器に水をいれて、その上に枝豆とトウモロコシをのせて、お湯が沸騰してから約10分ほど蒸せばできあがり!

枝豆にはそのあと、パラパラっと岩塩をふってあげれば、もう満点です。

蒸し器を洗うのも簡単ですし、汚れませんね〜。

今年の春に、お料理本を見ていて、なんでも「蒸す」という技を覚えました。もう簡単!そしてオイシイ!野菜ってこんなにオイシかったの!という驚き。本当にオイシイんです。なんでも手当たり次第に野菜を買ってきて、蒸しちゃいます。

ニンジン、ゴボー、キャベツ、キャベツなんていちばんおいしいのは葉脈の太い部分だったり、その芯の部分だったりするんで、もうキャベツのすてるところなんてありません。ですから、生ゴミも大幅にへりますね。

カブのみずみずしいこと。葉っぱまで蒸してたべちゃいます。

カボチャのホクホク。ジャガイモもいけますね。

唯一失敗は「キュウリ」。さすがにキュウリは蒸すとチョイトあわんですな。

蒸したらあとは。簡単パラパラっとこれまた岩塩をふって、オリーブオイルをスッとかけるんです。もう、本当、これだけで、本当にごちそうですよ!

毎日これで、全然、飽きないから不思議です。

そして、極め付きは、ナナナ、なんと、お魚も蒸しちゃうんです。

「エエ!お魚を蒸すの!」と驚くでしょうが、「焼く」よりはるかにおいしいです。おまけに、グリルを洗ったりする、めんどうもありません。めんどうくさがり屋(盛岡では「せっこぎたがり」といいます)の私にはなんともピッタリです。

おすすめは、「サバ」です。サバなんてスーパーにいけばノルウェーものが3尾で300円くらいで売っているヤツで十分です。それを蒸すんです。「サバのみそ煮」なんてめんどうなことをしなくたっておいしいんです。

そして、サバも蒸し上がったら、岩塩少々とやはり、オリーブオイルをスッとかけていただきます。

蒸し器にお好みの魚と野菜を一緒に蒸しちゃえばもうそれだけで、それは豪華な食卓になりますな〜。ああ〜オイシイ!

おっと、ここは、お料理教室かい?ハハハ、、、。
posted by わくわくやじうま隊 at 12:10| 宮城 ☀| Comment(3) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

お暑つうございます

お暑い日が続いております。

どうやら、本日、盛岡の最高気温は32度と予想されています。
ラジオを聞いていますと、仙台は34度とか、、。

けれども、私、暑くても、全然平気な体質になってしまったのです。
ですから、どんなに暑くても夏バテなんてしないんですね〜。
やせてはいますが、食欲は旺盛でモリモリ、食べてます。

むかし、むかし、20歳ころまでは、もう、暑さに弱くて、
「こんなに暑くちゃ、勉強なんてできねえや!」とばかりに、勉強のできない理由をこの夏の暑さのせいにしておりました。

けれども、東京でひとり暮らしをしていた、ある夏の日のことです。ほんとうに暑いんです。もうなにもできないほどに、身動きできないほどに。ジットしていても汗がふきでてきました。そんな暑い夏の日、ひとりでクーラーなどもちろんない部屋で、なす術もなく、ただただ、ボ〜としておりました。

きょうはいったい、何度あったんだろう?と思い夕方のラジオに耳をかたむけていますと、「38度」もあったと知りました。「38度か〜!」。

けれども、その日をさかいに、「カラダ」がリセットされたようです。

もう全然暑さなんて、平気になってしまったのです。きっと、汗腺のセンサーが38度をこえないと感知しないように、リセットされたんだと思われます。

汗もでますし、喉もかわきますが、暑さってのは平気なんですよね〜。クーラーは嫌いだし、扇風機は音がウルサクてこれまた嫌いですが、「38度さえこえなけりゃ、ヘッチャラ、ヘッチャラ」。そんな感じです。盛岡じゃ、どうみても、38度になるなんて、ありっこありませんからね。

そうはいっても、明日からは、34度の日々がつづくようです。いや〜、たいしたもんだ、今年の夏は〜。

さあ、きょうの夜は何を食べようか?まだ、昼ですが。やはり、枝豆とトウモロコシはかかせませんな〜。そして、ビールをグビッとやるわけだ〜!
posted by わくわくやじうま隊 at 11:40| 宮城 ☀| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

やっと、たどりつきました

はじめまして。
盛岡の「酔いどれ荷風」です。

コ〜ン先生から、さっそくのお招きのメールを受け取り、
よろこんで、書き始めたものの、その記事がアップされない。

その記事もどこかへ、とんでいったようです、、、シクシク。
ソウ、一本目とおなじようなものを3本も書いて!

さすがに、自分でかいたものを4回もかくなんてバカバカしくなって、
昨日はあきらめ、コ〜ン先生にヘルプのメールを出した次第でした。

原因がわかりました。

ここのブログに書き込むためには、「記事投稿」からはいるのですね、、、。コ〜ン先生の教えのとおりです。自分勝手はいけません。パソコンにはルールってのがあるんですよね、、。あたりまえですが、、、。

私はかってに「新しいブログをつくる」を一生懸命クリックしておりました、、、。すると、「このアドレスはすでに登録されています」の表示がでて、一歩も先にすすみません。

それでも勝手になにかいじっていたら、記事がとんでいったので、どこかに、私のブログができているにちがいありません。

どこにあるのかは、私もわかりません。どうやって、自分のブログにアクセスするのかも、、、もちろん、ワカリマセン!

なんて、パソコンってヤツは私のいうことをきいてくれないのだろう。私のやりたいことはわかるだろ?と問いかけてみても、本当にわかってくれない、手間のかかるヤツだ。やれやれ、、。

と、いうことで、今週一週間、私、「酔いどれ荷風」が担当させていただきます。よろしくお願いします。

ああ、やっと、いろんな意味で、みなさんと、同じラインに立てたかな、という感じです。
posted by わくわくやじうま隊 at 13:34| 宮城 🌁| Comment(3) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これはテストです

テスト、テスト、これはテストです。
posted by わくわくやじうま隊 at 13:12| 宮城 🌁| Comment(0) | 酔いどれ荷風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

操体法実施施設リスト


プルさんからのお知らせを転載します
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

こんにちは皆さま。

現在、ホームページ「そうたい 操体」に、以前中止していた「操
体法実施施設リスト」を復活させたく現在ページを鋭意作成中です。

このブログをご覧の先生方で、施術メニューに操体法が含まれている
先生がおられましたら、是非とも「操体法実施施設リスト」に登録し
ていただけないでしょうか。
(登録は無料)

まだ正式には公開していませんが、今週中には公開予定です。
下記アドレスから登録できますので、掲載例などをご確認の上、登
録のご検討いただければうれしいです。

http://sotaiho.web.fc2.com/sotai/kantou.htm

というわけで、出来るだけ多くの操体法実施施設が集まればよいなあ、
なんて思ってます。
皆さまのご協力、よろしくお願いしま〜す。(^^)/
posted by わくわくやじうま隊 at 12:53| 宮城 🌁| Comment(0) | 連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

春から実家の畑で野菜作りを始めてみました

亡父が趣味で始めた畑で去年は母がひとりで手入れしていました

それに乗っかる形で私も簡単な作業から手伝ってみました。

 

昼間の時間は仕事なので、早朝に草取りや収穫しています。

今年はジャガイモを種付けするのが遅れ、ちょっと小ぶり

昨晩そのジャガイモをつかったグラタンを家族で頂きました。

 

ジャガイモのほかに

きゅうり、にんじん、オクラ、なす、ピーマン、トマト、トウモロコシ、スナックえんどう

などなど品数は豊富。

きゅうりは大きくなるのが早く、食べきれない程です。

 

そんな畑にお客さんも来るようで

朝畑に行くと食べごろのトマトやナスが中身をほじくられるように

食べられていたりします。

カラスなんですね。

ちょうど食べごろで美味しそうな野菜を食べていきます。

 

断食明けの一週間の食事は全てこの畑で取れた野菜。

断食後は味覚、嗅覚など五感が冴えているので

自分で作った野菜がいっそう美味しく感じられます。

 

今朝はトウモロコシが数本採れたので早速夜にでもいただきます。

たのしみたのしみ。

  

「土を触りたい」

 

という欲求から始まった畑作業の手伝い。

 

土を触るのは気持ちいいんですね

朝の空気も気持ちいい

特に朝の空気は季節の変化が五感で感じられる

 

野菜作りは手間隙かかるんですね。

実がなるまで一定の時間が必要。

仕事も同じですね。

それぞれの自然のリズム。

  

畑作業のおかげで早寝早起きになりました。
 
 
明日は秋田にてハーフマラソン(日本海メロンマラソン)に参加してくるのでブログはお休みします。

マラソン二年目。
明日はどんな感じで走れるのか楽しみ。
 
一週間ありがとう御座いました
次の方よろしくお願いします。




 
posted by わくわくやじうま隊 at 08:46| 宮城 ☁| Comment(2) | ひふみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

コア・セラピー

先日の土曜・日曜は

仙台新港の夢メッセにて

スポーツコンディショニングの勉強会に参加してきました

主なテーマはコア・コンディショニング&コア・セラピー

体幹部のインナーユニット(横隔膜・腹横筋・骨盤底筋群・腹斜筋群等)へのアプローチ法で呼吸法なども取り上げていました。

 

参加者35名。県内よりも県外から泊りがけで来ている人が多く

北海道より来ていた人もいました。

 

呼吸法は

一般的な腹式から逆腹式呼吸

応用で強制呼気からのバリエーションなどなど

ヨガのインストラクターの方は見事に呼吸を使い分けていました。

たいしたもんです。


腹式呼吸でも腹直筋(アウター)を使うのとインナーを使うのでは

まったく効果が異なるそうで、
そこら辺の使い分けを実技で体感できました。

 

確かに呼吸を意識してインナーユニットをコントロールできるようになると

バランス感覚(軸感覚)が高まるのは確かなようで

二日間の勉強会で私自身もバランスボールの上に片膝立ちが出来るようになりました。

これには自分でもビックリ。

次はボールの上に立てるようになるかな?

 

アウターマッスルを使ってプルプルとボールの上で踏ん張って

無理にバランスをとってもだめなんですね。

逆に体にリキむ癖がついちゃうんですね。
  
バランスボールにただ乗っていれば、インナーが鍛えらわけではなく
 
はじめは意識的にインナーを働かせながら乗って、
次第に無意識下で当たり前のようにインナーが働き始めると
日常生活やスポーツ場面のパフォーマンス向上に繋がる。
 
ちょっと気づいたのは
 
合気道の「呼吸上げ」もインナーの使い方を体に覚えこませているのかな
体感覚としては似ているなうな感じ。

お腹の内側がキュッと無理なく締り、しかし、外側がフワッと緩んだ状態で
四肢は緩んだ状態でスッと腕を上げる。

インナーユニットの活性化を東洋では
 
「丹田を練る」
 
と表現してるのかな?
 
あと、使えそうと感じたのが
 
不安定型の腰痛症の方には症状の安定化のために
インナーユニットの活性化は有効だろうなということ。
 
ただ、どのようにわかりやすく伝えるかの
 
「伝え方」
 
に工夫が必要かな。 
 
来月は認定試験があるようなので
折角だから試しに受けてみようかと考えています。
 
試験までの間、
呼吸とインナーにどっぷりと浸かり込んでみようと思います。

 


 
posted by わくわくやじうま隊 at 08:42| 宮城 ☁| Comment(2) | ひふみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

よろしくです

こんにちは
ひふみです。
 
早いものでもう7月も終盤
夏、真っ盛り
暑いですね〜。
 
今週一週間よろしくです。
 
私の近況を申し上げますと
 
先の連休に蔵王にて座禅断食会に参加してきました。
二泊三日の水断食で座禅を組んで心身共にリフレッシュしてきました。
 
お陰様で体重も減り、身体は軽くなり
気持ちも軽くなったような気がします。
 
今回の断食で三回目。
回を重ねるごと何らかの変化が感じられるので次回も既に参加予定。

飽食の時代、断食をすることで人間本来の感覚が冴えてくるんでしょうか
 
 
断食明けにいただく

梅干と大根の水煮

これだけでさっきまでヨロヨロしていた身体があっという間に蘇るんですね〜

沢山食べること、栄養を沢山取ることがいいことなのか
いろんなことを考えさせてくれる断食会でした。
 
 
一週間ボチボチと書いていきま〜す。






posted by わくわくやじうま隊 at 21:22| 宮城 ☀| Comment(0) | ひふみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

老夫婦

妹から第二次世界大戦で生死の境を生き延びて今も元気に農業をしているお爺

さんが居ると聞いて、7月11日会いました。

生まれも育ちも登米市の大正7年生まれでもうじき92歳 の佐藤翁。

記憶が良く、話をするとき何年何月何日と説明をします。

昭和13年12月現役兵として満州国(現中国)牡丹江省で訓練を開始。

ノモンハン事件に参戦してから、ジャワ島、ガタルカナル島、ルソン島、ビルマ

(ミャンマー)と転戦する。ビルマでで終戦となる。

話題二点

1.ガタルカナル島では栄養失調とマラリヤ病による高熱のため一日3時間ぐ

らいしか意識が戻らない状態であったが、戦友に助けられ脱出。

その後野戦病院に入院する。野戦病院では次々周囲の兵士が死んでいくので

自分も死ぬと観念した。

2.ビルマでは誰もが間違いと解る命令で突入、ここでも命拾いをする。

佐藤翁の追憶記から  

満八カ年以上続いた戦線での殉職者は実に240万人もの若い尊い命が奪われ
た。

全く痛ましい限りで国の礎となられたこの方々の 犠牲を忘れる事は出来ない。

人口の75%以上が戦後生まれ、この悲劇を後世に伝えなければならない。

戦争はどん事があっても絶対にしてはならない。

米寿を迎えた奥様と話しの半ば「あの世は楽しいところ」と言うので、私を

連れて行って言うと、即座に駄目。

どうしてと粘る私を尻目に、柔和な顔で、夫と二人で行くのだと。



posted by わくわくやじうま隊 at 22:32| 宮城 ☁| Comment(0) | man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。